2018年9月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で相手の先発の多和田に完封負けを喫し、これで3試合連続の完封負けとなってしまったオリックスバファローズの現状、そして攻守におけるチグハグさについて元横浜の高木豊、ヤクルトで監督をしていた真中満、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 今日、ライオンズに負けてしまいオリックスは3試合連続の完封負けとなりました。

 

高木 僕はいい選手がたくさんいると思うんですけども、真中さんはどう見ますか?

 

真中 うーん。

 

高木 何かこう、歯車が狂っているというか。

 

真中 何か無駄なミスというか、エラーが付いたり付かなかったりがあるんですけど、自ら流れを持っていかれているかのような攻撃になっていますよね。

 

高木 そうですよねぇ。里崎さんは現役時代にロッテでオリックスとはよく戦っていたじゃないですか。

 

里崎 はい。今年のオリックスを見ていても、もう個の力はスゴくあると思うんですよね。

 

高木 はい。

 

里崎 だから、シーズン前にAクラスも考えられたんですけど、組織としての力が無いのかなという印象がありますね。

 

高木 里崎さんがマスク越しにかぶっていても、一発があるからオリックス打線はイヤだったでしょ?

 

里崎 それはありますよね。あと、今日も無駄なミスが多かったですよね。

 

高木 まあ、細かいことだったり、バントの失敗とかがちょっと目に付くところもありますよね。

 

アナ そうですよね。

 

高木 まあ、3試合連続で完封負けするような打線でもないし、まあ最後まで頑張ってほしいですね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

チグハグさが目立っています。これからの残り20試合ほどで意地を見せてほしいです。

おすすめの記事