2021629日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で今季初登板、3回途中KOとなったオリックスバファローズの榊原翼について元巨人の斎藤雅樹、元ロッテの里崎智也、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の榊原翼の投球内容
2回1/3 77球 被安打4 奪三振2 四球5 失点4
今季初登板のチャンスを生かせず・・・

 

アナ オリックスvsロッテは両チーム譲らず引き分けとなりました。里崎さん、気になる試合のポイントをお願いします。

 

里崎 まずオリックスの先発の榊原ですね。打たれるだけならまだいいんですけど、5四球というところが見栄えもちょっと悪かったですよね。

 

大久保 結局勝負にいけてなかったですよね。

 

里崎 そうですね。ストライクとボールもハッキリしてましたし、僕が何気に一番嫌いなのが、フォアボールが出る度にチラチラとベンチを見るところが。

 

大久保 あぁ、見てたんですね。

 

里崎 対戦するのはそっちじゃないんですから。バッテリーで相手バッターを考えていこうと思うんですけど、チラチラとベンチを見るのが。

 

ここでチラっとベンチを見る榊原の映像が流れる

 

里崎 フォアボールの後にこういう風にベンチを見るんですよ。

 

大久保 あぁ、見てますね。

 

里崎 こういうのは僕がキャッチャーだとスゴく気になります。

 

大久保 雅樹さん、あれベンチを見たくなるんですよね。チャンスが少ない子ですからね。

 

斎藤 「どうしよう・・・」ってやっぱり思っちゃうんですよね。

 

大久保 こういう時ほど開き直って投げた方がいいですよね。

 

斎藤 そうですよ。

 

大久保 ベンチなんか見てる場合じゃないですよね、里崎さん。

 

里崎 あと気になったのが声が出てなかったんですよ。いつもの榊原は声を出しながら投げるというイメージがあるんですけど、今日は比較的序盤から大人しいなという印象がありましたね。

 

大久保 やっぱり勝ちたいが先になって、焦る気持ちがあったんでしょうね。

 

 

以上です。

チャンスが少ないとこうなるのかもしれません。
おすすめの記事