201943日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で連敗を喫した阪神タイガース。8回表の一打同点の場面で呆気なく三振をしてしまった4番の大山悠輔について元近鉄西武の金村義明がフリーアナウンサーの松元真一郎と共に語っています。

 



アナ 阪神が巨人に2連敗です。

 

金村 これは内容から見るとまだ開幕してさほど日にちは経ってないですけども、阪神はもう黄色信号点滅と言ってもいいぐらいですね。

 

アナ 黄色信号点滅してますか・・・。

 

金村 えぇ。今日はそれぐらいのゲームだと思いますよ。まあ梅野の故障でその穴は大きいとはいえね。

 

アナ はい。

 

金村 特に4番の大山ね。

 

アナ 大山ですよね。

 

金村 僕もこの大山が阪神浮上のカギを握ると、開幕前から言ってたんですけども。

 

アナ 3点差の8回表にランナー2人を置いて一振りで同点の場面だったんですけど。

 

金村 メルセデスとの対戦。初球を打ちにいってない、いけてないんですよね。

 

アナ そして2球目はファウル。3球目には空振り三振。

 

金村 これ4打席目、ずっと投げてるメルセデスなんですよ。

 

アナ はい。

 

金村 このチャンスで三球三振。またこの時に原監督もピッチャーを代えない。この余裕っていうのは、これはもうね、明日から4番で頑張れと言う方が厳しいと思います。

 

アナ はい。

 

金村 大山にとっても、阪神の浮上がかかってるんですから、ここは矢野監督は早めに決断した方がいいと思いますね。

 

アナ ただ、試合後の矢野監督のコメントで、その不振の大山に関しては「これは本人が乗り越えていかなければいけない 明日も代えるつもりはない」と。

 

金村 あぁ・・・。そうですか。じゃあ・・・見ときましょう。

 

開幕から5試合の大山の成績

安打2 本塁打0 打点1 打率.111

 

 

以上です。

5試合目でもう諦めるのかって難しいところですけど大山全然ダメなんですよね。
おすすめの記事