2020年11月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で全日程を終了した今季の広島カープについて元ロッテの里崎智也、元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



アナ 広島は中日とのホーム最終戦に敗れました。そして今季の全日程が終了。チーム成績はこちらです。

 

2020年の広島カープ
5位 52勝56敗 12分
打率.262(リーグ2位)
本塁打110(リーグ4位タイ)
得点523(リーグ2位)
盗塁64(リーグ4位タイ)
防御率4.06(リーグ5位)
失点529(リーグ5位)
失策73(リーグ5位)

 

真中 今シーズンの総括。5位というところでね。ちょっと投手陣が苦しかったかなと思うんですけどね。その中でルーキーの森下投手が素晴らしかったです。

 

森下の成績

18試合 10勝3敗 防御率1.91

 

真中 明雄さん、新人ながら本当に落ち着いた投球でしたね。

 

斎藤 うん。素晴らしいと思いますよ。

 

真中 ですよね。

 

斎藤 それで彼のいいところは試合中に自分の悪いところをちゃんと修正できるんですよね。

 

真中 はい。

 

斎藤 それも時間がかからないんですよね。次のボールで修正できる能力がある。その修正能力の高さ、自分のボールをよく知ってるなという感じのピッチングをしてますよね。

 

真中 そうですね。期待されながら、その期待通りの活躍をしましたよね。

 

斎藤 そうですねぇ。

 

真中 里崎さんはどう見てますか?

 

里崎 昨年ね、広島カープはこの森下を単独指名で獲得してこの成績ですから、本当にプレッシャーもあったと思いますけど、素晴らしいと思いますよね。

 

真中 はい。

 

里崎 そして今年もカープの指名は栗林投手なので、2年連続あるんじゃないのかなという期待値もある中で来年の投手陣も非常に楽しみですね。

 

真中 そうですね。本当に安定感がありますよね。そして今年は大瀬良が故障したりでね。あとは野村も故障して、ジョンソンは不調にハマり。その中でルーキーが引っ張ったシーズンでしたね。

 

里崎 あとは中継ぎがしっかりしたいですね。塹江投手が序盤良かったんですけど、スコットとか外人投手が上手くいかないんで、中継ぎが回らなかったんで、そこも改善したいですよね。

 

 

以上です。

森下が奮闘した1年でした。
おすすめの記事