2018年8月14日にサンテレビで放送された阪神タイガースvs.広島カープの試合の5回表の場面でキャッチャー梅野隆太郎のリードが岡田彰布に疑問視されています。完全にそのままの喋りで再現していますのでご了承ください。

 



【状況】

この日の先発は岩貞。

スコアは1対1で5回表ノーアウトランナー2塁でバッターは石原。

カウントは1ボール1ストライクから。

 

 

岡田 このカウントでインコースやと石原なんかはキャッチャーやからヤマ張って打ってきますよ。

 

3球目は梅野がインコースを構えてストレート要求でファール

カウントは1ボール2ストライク

 

岡田 おーん。ヤマは張ってないですねぇ。今の打ち方を見ると右に打とうとしているんで、ここからやったらインコースに突っ込んでも大丈夫ですね。

 

アナ はい。

 

4球目はインコースに構えるが逆球のボールになるスライダーで石原は見逃す

カウントは2ボール2ストライク

 

5球目はインコース要求のストレートをファール

カウントは2ボール2ストライク

 

岡田 2塁ランナーを3塁に行かせたくないリードは無理にしない方がいいですね。

 

6球目はインコース要求のストレートをまたもファール

カウントは2ボール2ストライク

 

岡田 石原も一発ヤマを張らないですね。キャッチャーやのにね。普通やったらあそこは強引に引っ張るような打ち方するんだけど、あくまでも右に打とうとしてるね。

 

アナ はい。ランナーを何とか進めようという意識ですか?

 

岡田 そうそう。

 

7球目インコース要求のスライダーをファール

カウントは2ボール2ストライク

 

岡田 今のもちょっとおっつけ気味やもんねぇ。

 

アナ はい。ですから、タイガースバッテリーもインコースを要求すると。

 

岡田 うん。ああいう打ち方するからインコースにいきますよね。

 

アナ はい。

 

岡田 だから、結局、2塁ランナーを3塁に行かせたくないから、ああいう攻めになるんですけど、これ普通はバッターなら逆を考えるけどねぇ。石原なんかは特にキャッチャーだからね。普通なら左足を開いてバーッとインコースを狙うよね。

 

アナ はい。

 

岡田 レフトにヒットを打ってもいいんだから。

 

 

8球目にアウトコースのストレートを要求しセンター前ヒットを打たれる。

 

岡田 ね。こうなるんですよ。結局、梅野も辛抱しきれんかったねぇ。あのスイングしてんのに外の真っ直ぐはダメですよ。

 

アナ うーん。最後は外の真っ直ぐ。

 

岡田 何であそこに真っ直ぐいくかな(苦笑) あんなスイングしてるのにねぇ。僕やったらベンチでめちゃくちゃ怒ってますよ。

 

アナ そうですか。

 

岡田 どこ投げてんねんって。梅野ってあんまりバッターのスイングを見てないのかな? 今までもけっこうそういうことがあるんですよね。

 

アナ はい。

 

岡田 これこっちを狙ってんのに、何であの球でいくのかなあというのがね。

 

アナ うーん。

 

開幕当初に古田と下柳にもリードを疑問視されていました

 

 

以上です。

これは岡田が正しいです。あのスイング見てたら普通は相手の意図を感じるでしょうよ。

おすすめの記事