2018年8月15日vs.広島カープ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

試合は阪神・才木、広島・九里で始まる。才木は2回に捕まりかけましたが何とか耐える。しかし、3回に丸にタイムリー、鈴木誠也に2ランと一挙に3点を取られる。阪神もここから反撃し糸原北條の連打から糸井のタイムリーとロサリオの犠飛で2点を返し1点差に。しかし、4回に才木がいつものノーコンを発動しランナー1人を置いてから3者連続四球の押し出しで1点取られる最悪の展開で降板。更に6回に才木から代わった岡本が捕まり丸にタイムリーを打たれて3点差に。7回には阪神岩崎が會澤にソロホームランを打たれて4点差に広がる。阪神は9回裏に広島抑えの中崎を攻めて2点を取り、ロサリオの一発でサヨナラという場面でしたが、そんな上手くいくわけもなくショートゴロで凡退し試合が終了。最終スコア4-6で阪神の負け。スカイAとMBSラジオの野球中継のレポートを参考に書いています。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―最後のロサリオの場面で一発が出れば逆転だったが

金本 まあ、そうはうまくいかないよな(苦笑)

 

―この日の先発の才木について

金本 いいボールを投げているんだけど、技術的なことなのかどうなのか。色々と原因があると思うんだけど、何よりストライクを取りたい時に取れるピッチャーにならないといけない。警戒し過ぎてもダメなんだけどね。

 

―カープにマジックが点灯したが

金本 それに関してはもういいでしょう。

 

 

以上です。

才木は話にならないピッチングでした。4回で100球投げていたんですけど、何やってんだか。

おすすめの記事