2019106日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でクライマックスシリーズ1stステージの第3戦の福岡ソフトバンクホークスvs.東北楽天ゴールデンイーグルスの第3戦について元広島の達川光男、元阪神ダイエーの池田親興、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に展望しています。

 



ソフトバンク
高橋礼
今季12勝6敗  防3.34
vs楽天 3勝2敗 防4.20
楽天
岸孝之
今季3勝5敗  防3.56
vsSB 1勝2敗 防5.19

 

アナ 明日の第3戦です。

 

岩本 ホークスの先発は高橋礼でイーグルスは岸ということです。

 

アナ はい。

 

岩本 僕はピッチャー出身で、こういう場面で先発ピッチャーを予告してもらえるということにピッチャーにはそれをスゴく幸せに感じてマウンドに立ち第1球から全力で投げてほしいんですよね。2年目の高橋礼はこんな大一番を任せられるなんて堪らない幸せですよ。

 

アナ そうですよねぇ。クライマックスシリーズが段々と盛り上がってきてますよね。

 

岩本 はい。

 

達川 もし楽天が勝つとしたら、DeNAが山崎を2イニング使いましたけど、松井を3イニングぐらい使ったら勝てる可能性はありますね。

 

岩本 ほぉー。いくら楽天の中継ぎ陣がいいとしても、それぐらいのスクランブルを覚悟しないといけないということですね。

 

達川 はい。そうしないと勝てないと思いますね。

 

池田 先発の高橋と岸は両方共にソフトバンク楽天と相性が良くないんですよ。

 

岩本 はい。

 

池田 そこをいかに配球を変えてかるのか、という見所もあるんじゃないかと思いますね。

 

岩本 高橋の対楽天の防御率は4.20で岸の対ソフトバンク防御率は5.19なんですよね。

 

池田 そうなんです。両方共に苦手にしてるんですよね。

 

岩本 百戦錬磨の岸と若い高橋と、どんな投げ合いになるんでしょうか。

 

池田 投手交代のタイミングも難しいでしょうね。

 

岩本 まさに短期決戦ですよねぇ。

 

 

以上です。

いい試合が見たい。
おすすめの記事