2018年9月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦で今シーズン第34号、第35号の2本のホームランを放った横浜DeNAベイスターズのソトについて元横浜の高木豊、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ カープの優勝は明日(9/25)に持ち越しとなりました。

 

野村 そのカープ対DeNAですが、DeNAが意地を見せたと言ってもいいと思うんですけども、その中でもソトです。豊さん、2ホームランで5打点ですよ。35本塁打。これを見てもらいたいんですけどね。

 

高木 うん。

 

ソト 97試合  本塁打35

筒香 130試合 本塁打37

 

 

野村 ソトは97試合でホームラン35本です。筒香は37本塁打で現在(9/24時点)でトップです。このソトのホームラン率ってスゴくないですか?

 

高木 まあ、3試合に1本以上のペースですよね。

 

野村 その計算ですよね。

 

高木 まあ、筒香は4試合に1本以上ですね。いやぁ、このまま抜くかもしれないですよね。

 

谷繁 フフフ(笑)

 

野村 ホームランランキングにも顔を出していますしね。

 

高木 うん。

 

野村 残りの試合を考えてもいきそうですよね。

 

谷繁 可能性はありますよね。しかし、このソトが1軍で試合に出始めたときに、誰が35本もホームランを打つなんて想像したかですよ。

 

野村 そうですよね。

 

谷繁 分からないもんですねぇ。

 

野村 分からないねぇ。

 

高木 でも、ある程度の力はあったよね。

 

谷繁 まあまあ。

 

高木 オープン戦のときにもけっこう打っていたからね。

 

谷繁 そうなんですけど、長距離ヒッターじゃないじゃないですか。

 

高木 なるほどね。

 

野村 まあ、ホームランバッターとは思わなかったですよね。

 

谷繁 そうですね。

 

野村 率はある程度残せるかなという印象はあってもね。

 

高木 でも、例えばソトがホームラン王に躍り出たらDeNAの3位の芽が膨らんできますよ。

 

野村 そうですね。得点力が当然上がりますからね。

 

 

以上です。

DeNAはとんでもない原石を発掘しましたね。ロペスが衰えたときの後釜にもなりますよ。

おすすめの記事