2018年6月9日にMBSテレビで放送された阪神vs.ロッテ戦の5回裏で起こったセーフティスクイズ失敗について元ロッテの里崎智也と元ロッテ阪神の遠山奬志がMBSアナウンサーの馬野雅行と共に語っています。

 



カウント1ボール1ストライクの場面の3球目に梅野がセーフティスクイズの構えを見せるもボールなので何もせず。この場面を見て遠山が語ります。

 

アナ 構えだけです。最近、タイガースがよくやっているのがセーフティスクイズで転がってから3塁ランナーがスタートというね。

 

遠山 なかなか難しいと思うんですよね。ですから、やるんだったらやるという形にしないと。これでまた失敗しますと後々サインとか組み立てにも影響してくるんでね。

 

 

カウント2ボール1ストライクの4球目に梅野がセーフティスクイズを敢行しようとするもギリギリでバットを引いたので3塁ランナーの鳥谷が判断に迷って飛び出してしまい3塁タッチアウトになりセーフティスクイズが失敗。その場面を見て里崎と遠山が色々と語っています。

 

遠山 こういう形が怖いんですよね。もう本当にランナーが難しいんですよ。

 

里崎 セーフティスクイズという作戦はローリスク・ローリーターンなんで、やっぱり難しいんですよね。

 

アナ はい。

 

里崎 ランナーもバッターも全てが完璧に整わないと1点が入らないんで。

 

アナ はい。

 

里崎 リスクは少ないですけど、旨味も少ないですよね。

 

アナ ですね。やっぱり、ランナーとしては転がってないけども、いち早くスタートしたいという気持ちは出ますよね。

 

里崎 もちろん出ますよね。

 

遠山 それだけ難しいサインなんですけどね。

 

アナ この前のオリックス戦(6/5)は二者連続で失敗。そして今日も上手くいかず。里崎さん、やっぱりこういうもんですか?

 

里崎 まあ、そうですよね。あとはキャンプの時に実戦練習でどこまで練習したかにもよるんですけどね。いきなり試合でとなると、やっぱり技術的にはバッターもランナーも非常に高いレベルを求められるのがセーフティスクイズですよね。

 

アナ はい。

 

他の解説者もこの場面について見解を語っています

 

以上です。

1度目のトライから遠山がイヤな予感を察知しているのがちょっと笑えます。失敗したのを見て遠山は内心キレてるんだろうなと思いますけどね。里崎が言ったローリスク・ローリターンというのは本当にそうで何であそこまでセーフティスクイズにこだわるんでしょうか。

おすすめの記事