2018年6月9日にGAORAで放送された阪神vs.ロッテ戦の5回裏で起こったセーフティスクイズ失敗について元阪神の湯舟敏郎がフリーアナウンサーの村田匡輝と共に語っています。

 



状況は無死1-3塁の場面でバッター梅野でカウントは1ボール1ストライク

 

アナ ここでどうでしょう。考えにくいですか?

 

湯舟 何がですか?

 

アナ スクイズ。

 

湯舟 スクイズですか。ないでしょう。失敗もありますし、メディア等々の報道もあるので。しないと思いますけどね。

 

 

次の3球目でロッテバッテリーは外に大きく外しましたが梅野はセーフティスクイズの構えを見せたもののバントをせずにカウントは2ボール1ストライク

 

アナ バントの構え。

 

湯舟 あぁ、してきましたね。

 

アナ はい。

 

湯舟 今のはセーフティスクイズですね。

 

アナ ストライクだったらバントをしてくるという作戦ですね。

 

 

次の4球目で梅野がセーフティスクイズを敢行しようとするもギリギリでバットを引いたので3塁ランナーの鳥谷が判断に迷って飛び出してしまい3塁タッチアウトになりセーフティスクイズが失敗。その場面を見て湯舟が色々と語っています。

 

アナ 湯舟さん、してきましたね。

 

湯舟 してきましたね。

 

アナ はい。

 

湯舟 セーフティスクイズというのは安全な作戦なんでしょうけど、上手くいってない事の方が現状多いんでね。どうなんでしょうかね。

 

アナ はい。開幕からけっこう頻繁にセーフティスクイズをやっていますけど。

 

湯舟 何度か成功はしているんですけどね。今日のこの場面というのはココイチの場面でしたからね。

 

アナ ですね。

 

湯舟 この現状ですよね。『タイガースはセーフティスクイズ考えられるよ』という。特に梅野の場合はかなり試みてますよね。

 

アナ 多いですよね。

 

湯舟 だから、今2球(3球目と4球目)外しているんですよね。通常のスクイズのように外していってロッテのキャッチャーの田村がすぐに3塁に投げるわけでしょ。かなり対策を練られていますよ、これは。(※田村は外にボールを外して捕った瞬間に3塁に投げていたので実際に対策は練られていたと考えられます)

 

アナ 今日はロッテの1回戦ですけどパ・リーグのチームにも知れ渡っているというか。タイガースはこういう作戦をしてくると。

 

湯舟 だから、セーフティスクイズだと3塁ランナーもある程度は離塁をしないといけないですから。

 

アナ そうですよね。

 

湯舟 今、躊躇なく田村が3塁に送球しましたからね。それでサードもベースにすぐに入っていましたから。

 

アナ はい。

 

他の解説者もこの場面について見解を語っています

 

以上です。

湯舟はイライラしています。もう作戦バレてるし広まっているぞとまで言っています。

おすすめの記事