2018年6月9日のvs.ロッテ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

試合は阪神・岩貞、ロッテ・涌井で試合が始まる。阪神は初回の1回裏に福留のソロホームランで先制する。そこからほとんどヒットも出ずに5回裏に鳥谷陽川の連打で無死1-3塁のチャンスを作り梅野の打席で予想通りのセーフティスクイズを敢行するも際どいボールを梅野がギリギリで見逃し、3塁ランナーの鳥谷が飛び出してタッチアウトになる。そこでチャンスは潰えてこの回は0点。続く、6回裏に福留の犠牲フライで1点を追加。一方の先発岩貞はほぼ完璧なピッチングで7回無失点で降板、2点差で8回は桑原、9回ドリスで締める展開でしたがドリスが自らのエラーが絡み同点とされる。そこから試合が動かずに阪神は最後の攻撃の12回裏に1アウト1-2塁の場面で山崎憲晴がショートゴロを打ち2塁封殺でセカンドが1塁転送しましたがそれが悪送球となり2塁のランナーが生還してサヨナラ勝ちとなった。最終スコア3-2で阪神の勝利。勝利投手は能見。GAORAとMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。セーフティスクイズ多用の理由は後半に赤字で書いております。



 

【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ 本当に一時は漂ったイヤなムードを何とかはね返しました。

 

金本 そうですね。追い付かれた後はやっぱりイヤなムードがあったんですけど、リリーフがキッチリと抑えてくれたんでこういう勝ちが転がり込んできたのかなと思います。

 

アナ しかし、こういう決まり方というのは監督の想像の範囲の中にありました?

 

金本 いや、想像はしてなかったですけどね(笑) まあ、選手の時にはこんな経験もありますけど、まさかの結末でしたね。

 

アナ 監督が仰いましたが延長になってから出て来たリリーフ陣。藤川・能見ということになりますが、いかがですか?

 

金本 まあ、そうですよね。最初は孝介のホームランと犠牲フライで2点取って、ピンチを球児が凌いで最後は能見が2イニング投げて最近ベテランの活躍が目立っていますけどね。まあ、頼もしいですし若手はもっとしっかりしないと。

 

アナ 能見がこれでリリーフに回って2試合しっかりと仕事をしたということですが、持ち場が変わって監督にはどう見えていますか?

 

 

金本 イニングが短いんで本来の能見の良さとか球のキレとかが先発の時よりかは生きてくると思うんでね。あとは経験と技術とね。まあ、本当に1枚大きなリリーフが入ってきたなと思います。

 

アナ それから、忘れちゃいけないのが岩貞がスライド登板で頑張りました。

 

金本 はい。調子が良くなかったと思うんですけど、7回を0点でね。今日、岩貞に勝ちが付かなかったことが僕は1番残念ですね。

 

アナ その残念な流れに繋がっていたのが監督も渋い表情をしていましたが追加点がなかなか取れないという流れでしたよね。

 

金本 そうですね。何回か得点圏に進めたんですけど、やっぱり(7回裏の)ノーアウト満塁ですかね。そこでどういう形でもいいからバットに当てて1点が欲しかったんですけど、あそこでイヤな雰囲気があったんですけどね。まあ、それは結果論ですからね。

 

アナ ちょっと気になるのはドリスが交流戦に入って打ち込まれるのが2試合目なんですよね。

 

金本 んーそうですね。まあ、まさか6球で2点差が同点になるとは思わなかったんですけど・・・まあ、球自体はそんなに悪いとは思っていないんで、ちょっとコースが甘く入っているのかなと思いますけど、まあ、何とか修正してほしいですね。

 

アナ あとは糸井をゲームの中でけっこう早めに代えてきました。(※7回表の守備から交代していた)

 

金本 今日はいつもの風と違っていたんでね。3回ああいう守備を見せられるとちょっと代えた方がいいのかなと。グランド状況も悪かったですし。(※糸井はライトで3回変なプレーをしていました)

 

 

アナ 兎にも角にも交流戦で初の連勝。そして、形としては9連戦の頭を取りました。明日に向けて一言お願いします。

 

金本 まあ、今日の勝ち運と言いますか、何とかリリーフが頑張ってね。リリーフはほぼ勝ちパターンのピッチャーを注ぎ込んだんで、この勝ちを何とか明日に生かしたいと思います。

 

アナ ありがとうございました。

 

金本 はい。

 

 

勝利監督インタビューは終了

 

 

【金本監督のその後のコメント】

金本 能見が複数イニングいったのは球数が少なかったところで、あらかじめそう考えていたというよりは1イニング目の球の勢いなんかを見て判断した。セーフティスクイズは基本的に(普通のスクイズで起こりうる)フライゲッツー回避のためにああいう作戦をやっている。まあ、(今日の場合は)飛び出しだから仕方ないけどね。そのスライダーで梅野ももうちょっと早くバットを引いてあげないと鳥谷の判断も難しかったな。スタメン発表でセンター糸井でライト中谷になっていたのに試合開始で入れ替わったのはマネージャーのミスです。

 

【平田コーチの試合後のコメント】

平田 これは違うよ。上下全然違うよ。勝った負けたでね。本当に大きな1勝だった。あれこれ細かいことはあるけれども、勝った事が1番大きい。

 

【香田投手コーチの試合後のコメント】

香田 藤川と能見の両ベテランの奮闘は素晴らしい。いいピッチングだった。経験のある人がしっかりと仕事をしてくれた。能見に関しては回を跨ぐのは初めてだったけどさすがです。

 

【金村投手コーチの試合後のコメント】

金村 我々が1番望んでいた結果です。これで能見は100勝にリーチ。最高です。これからも自分の力を出せる場面でベテランらしい仕事をしてもらいたい。

 

 

以上です。

セーフティスクイズ多用の理由を明かしてくれましたけど、それぐらいの理由ならもう普通のスクイズをやってゲッツーになる方がよっぽどマシですよね。その辺まで考えが回らないんでしょうか。

おすすめの記事