2021年4月28日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.広島カープ戦で18安打13得点の打線爆発で勝利を飾った横浜DeNAベイスターズ。その中でマルチヒットを打った外国人助っ人コンビのオースティンとソトについて元横浜の平松政次、元日ハム阪神の片岡篤史、ヤクルトをしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日のオースティンの打撃内容
1打席目 ショートゴロ
2打席目 レフトホームラン
3打席目 ライト前ヒット
4打席目 レフト前ヒット
シーズン打率.298(4/28の試合終了時点)
上り調子!!

 

アナ DeNAが広島を下して連敗脱出です。打線が爆発しました。18安打13得点。

 

真中 打線が活発でした。その中でもオースティンとソトの両外国人ですよね。

 

アナ はい。

 

真中 二人ともマルチヒット。片岡さん、チームとして外国人選手の状態が上がってきてほしいですよね。

 

片岡 やっぱり横浜の場合は外国人選手が中心なんで、今日のような長打で点を取ると。

 

真中 はい。

 

片岡 そういう形になっていかないとなかなか勝ち星が増えていかないと思うんですよ。

 

真中 そうですよね。

 

片岡 それでかなりの選手が状態を上げてきたと思うんで、これを続けるようにしてほしいですね。

 

真中 そうですね。平松さん、外国人選手が元気になってくると横浜打線も活気付きますね。

 

平松 そうですよ。そのために大金を出して獲ってるんだから。

 

真中 はい(笑) 二人にはけっこう出してましたっけ?

 

平松 出してますよ。もう何十億と出してますから。

 

真中 そうですよね。この二人もそうですし、エスコバーもそうですしね。

 

平松 うんうん。

 

真中 その外国人選手に頑張ってもらいたいですね。チームにちょっと元気がないですしね。

 

平松 チームは後ろを向かないで、もう前へ前へ向かって、そうしていけば今日のようないいゲームができますよ。

 

真中 はい。嬉しい材料がでてきましたよね。

 

 

以上です。

オースティンとソトが打てば乗ってきます。
おすすめの記事