オープン戦HR連発の大田泰示を岩本、谷沢、斎藤明雄が分析 2019年3月11日

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2019年3月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でオープン戦でホームラン連発で当たりまくっている北海道日本ハムファイターズの大田泰示について元日ハムの岩本勉、元横浜の斎藤明雄、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

大田のオープン戦の成績(3/11日時点)

6試合 打率.556(18-10) 本塁打4 打点4

アナ 日本ハムはどうでしょうか?

岩本 もう大田泰示のバッティングですね。谷沢さん、この時期にこれだけの調子を出せるのというのは、バッター心理としてはいかがですか?

谷沢 もうヘッドスピードも上がってるし、コンパクトだし、そういう意味では他球団が大田を一番注目して見ている選手でしょうね。

岩本 はい。明雄さん、ピッチャー目線から見てもイヤな仕上がり方と言いますか、絶好調の大田が目の前にいるのは間違いないですよね。

斎藤 そうですね。右方向にも打てるようになってるのがピッチャーからするとイヤなんですよね。

岩本 はいはい。

斎藤 ひっかけさせようとしたらおっ付けられる。それで緩い球でも甘くいくと引っ張られるというのがありますからね。ちょっと厄介というのがありますよね。だからピッチャーは反対にインサイドにどれだけ強気に投げて、足元を動かしてアウトコースで勝負できるか。やはりインサイド真っ直ぐのコントロールが一番大事だと思いますね。

岩本 はい。

谷沢 インサイドに来たときに大田は軸足を引くでしょ。

岩本 そうですね。

谷沢 その軸足を引いたときに大田はインサイドをさばけるかどうかという課題も見え始めてくる。

斎藤 緩い球は上手く打てると思うけど速い球はちょっとダメかなと思うんですよね。

岩本 まあ大田選手は谷沢さんのアドバイスで一層の精進に入りますよ!

アナ はい。注目していきましょう。

以上です。

絶好調ですけど、相手も穴らしき所はどんどん突いていくでしょう。