藤原恭大 オープン戦での本拠地デビューを谷沢、岩本が語る 2019年3月11日

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

2019年3月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』で3月9日、10日に本拠地のマリンスタジアムでデビューした千葉ロッテマリーンズの藤原恭大について元日ハムの岩本勉、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

本拠地デビュー2戦の打撃成績

3月9日   中飛

3月10日 空三振 遊安

アナ ロッテのドラフト1位ルーキーの藤原恭大選手が本拠地デビューを果たしました。

岩本 はい。谷沢さん、楽しみな選手ですよね。

谷沢 本当にね。

岩本 まだまだ荒削りですけども。

谷沢 全方向に打てるヒットメーカーというタイプのバッターですよね。非常に足も速いしね。

岩本 はい。

谷沢 ただ、一つ引っかかるのが足を大きく上げたときにホームベースの上に足がかぶさってくるんだよね。

岩本 あぁ。

谷沢 だから、インサイドがあれだけホームベースにかぶさると、インサイドに攻められる率は非常に高いだろうね。

岩本 うーん。

谷沢 それでストレートに押し込まれているのはその辺が要因ですよね。

岩本 あとポイントとして、1軍のピッチャーと対戦するコツとまではいかなくても慣れで相当変わってきますかね?

谷沢 はい。このオープン戦の時期にこうやって速い球を投げるピッチャーの打席に立たせてもらって、数多く失敗して、そしてシーズンに備えるのが大事。

岩本 はい。

谷沢 まだ結果を出さなくていいですよ。

岩本 失敗は成功のもとですね。そうやって学んでいくんですよね。

以上です。

まだまだこれからですね。