2021年9月10日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で8回2失点の好投でを見せた千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希について元巨人の斎藤雅樹、元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の佐々木の投球内容
8回99球 被安打2 奪三振9 四球0 失点2
今季2勝2敗 防御率3.05(9/10の試合終了時点)
勝ち負け付かずも圧巻投球!

 

稲村 ロッテはレアード選手のサヨナラホームランで楽天を下す劇的な試合となりました。金村さん、この試合の熱視線をお願いします。

 

金村 いやぁ、僕は佐々木朗希くんには驚きましたね。

 

野村 はい。

 

金村 7回で代わるのかなと思っていたら、7回からギアチェンジして奪三振ショーですよね。

 

野村 5者連続でしたよね。

 

金村 えぇ。7回8回と佐々木くんにとっての未知の領域でね。みんなが「勝たせてやりたい」と思うようなピッチング。驚きしかなかったですね。これだけ成長したのかと。ちょっと感動すら覚えるピッチングでしたね。

 

野村 今日ぐらい投げられる能力はあるというイメージを持っていても、実際にこうやって見ると流石だなという部分も見えましたよね。

 

金村 マウンド捌きも良かったですし、線が細いと言われながらも、これは優勝争いに向けて大きな戦力になるなと思わせるようなピッチングですよね。

 

野村 雅樹さんはいかがですか?

 

斎藤 やっぱりフォアボールがゼロというのは素晴らしいと思います。今日は100球ぐらいを目処にという事なんでしょうけど、8回というのは99球しか投げてないとはいえ、結構しんどいもんですよ。

 

金村 雅樹さんね、それと1回に立ち上がりから完璧だったんですよね。物凄く若いキャッチャーに対して首を振ってるんでよ。

 

斎藤 へぇ。

 

金村 それで首を振った時は最初に必ずストレートを投げるんですよ。だから自分のストレートにかなりの自信を持ってきたなという感じがしました。

 

野村 考え方も成長してきてるんでしょうね。

 

金村 いやぁ、驚きましたよ。今日のピッチングは圧巻でしたね。

 

野村 かなりの戦力になりそうですね。

 

金村 2点は取られましたけど大きな戦力だと思いますよ。

 

 

以上です。

とうとう本領発揮しました。
おすすめの記事