2019517日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で猛打賞の活躍で勝利に貢献した1番復帰の埼玉西武ライオンズの秋山翔吾について元横浜の高木豊、斎藤明雄、元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の秋山の打撃内容

1打席目 レフト前ヒット

2打席目 フォアボール

3打席目 空振り三振

4打席目 ショート内野安打

5打席目 ライト前ヒット

シーズン打率.288(5/17の試合終了時点)

 

 

高木豊、斎藤明雄、斎藤雅樹の解説

アナ 西武がオリックスに勝利。そんな中、秋山選手が1番に入って猛打賞の大活躍です。

 

高木 そうですね。3番のときにちょっとモタモタっとしましたけどね。

 

アナ はい。

 

高木 明雄さん、今日1番に入って、また3安打の猛打賞でしたよ。

 

明雄 そうですね。

 

高木 西武は誰か1番を打つのが一番いいと思いますか?

 

明雄 それは当然、秋山でしょう。

 

高木 ですよね。

 

明雄 それで3番がいなくなっても秋山が1番だと、塁に出て足も使えますし、長打もあるから、1番秋山にして調子を上げさせる意味でも1番に置くべきじゃないかなと思いますよ。

 

高木 そうですねぇ。雅樹さん、山川が4番にいますよね。それで1番秋山だとそこに相当神経使わないですか?

 

雅樹 かなり使いますね。

 

高木 そうですよね。

 

雅樹 まずそこを出塁させないというので気を使いますからね。

 

高木 ノーアウトからのランナーですもんね。

 

雅樹 そうですね。

 

高木 だからもう秋山を1番に固定していいんじゃないかなと思いますよね。

 

アナ 明雄さんも1番の方が腰の座りがいいと言ってました。

 

明雄 高木さんも1番が良かったでしょ?

 

高木 まあ・・・そうですね() でも1番は疲れるんですよ。

 

 

以上です。

1番の方がいいみたいです。
おすすめの記事