2021年5月2日vs広島カープ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―馬場―小林―岩貞―岩崎―スアレス

広島 野村中田―コルニエル―森浦―菊池

 

阪神の先発のガンケルは3回表に捕まり鈴木誠也にタイムリーを打たれ1点先制される。阪神は直後の3回裏にマルテのタイムリーで同点。しかし、4回表にガンケルがまたも崩れて1失点。5回表にはクロンのタイムリーで2点差とされる。阪神は5回裏に佐藤が満塁ホームランで逆転し2点リード。更に阪神は6回裏には佐藤のタイムリーなどで2点取り4点差とする。ここで試合が決まり、最後はスアレスが締めて阪神が7-3で勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

欠場の大山について

矢野 やっぱり疲れがあって、どこかで休養させようというプランがあった。1年間を戦う中でベストコンディションは難しいんで、今後もレギュラー選手をどこかで休ませながらっていうのは考えていきたい。

 

 

以上です。

佐藤の驚愕のホームラン。
おすすめの記事