2020624日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で開幕して19打席目で待望の初ヒットを放った阪神タイガースのジャスティン・ボーアについて元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



開幕5試合のボーアの打撃内容
6/19 捕邪飛 空三振 三飛  三併
6/20 一ゴロ 二ゴロ 二ゴロ 見三振
6/21 遊ゴロ 中飛  二ゴロ 一ゴロ
6/23 左飛  一ゴロ 空三振 左飛
6/24 三振  見三振 中安打
シーズン打率.053(開幕5試合時点)
開幕19打席目で待望の初ヒット

 

真中 田尾さん、今日はタイガースのボーアが19 打席目でようやく初ヒットが出たんですけども。

 

田尾 出ましたねぇ。

 

真中 ボーアのバッティング内容というのはどう評価されていますか?

 

田尾 内容は決して良くないけども、軽打でなんとかセンターに持っていった形でしたよね。

 

真中 はい。

 

田尾 でも、1本ヒット出たことで、もしかすると変わるかもしれませんよね

 

真中 そうですよね。オープン戦でもヒットを打ってましたもんね。

 

田尾 だから、ある意味、明日の試合でどういうバッティングを3打席4打席とするか。

 

真中 はい。

 

田尾 また昨日までのバッティングと同じような内容になると、ちょっと矢野監督は今度は考えちゃうんじゃないでしょうかね。まあ、明日(6/25)の試合が非常に大事になると思います。

 

真中 なるほどねぇ。明雄さんはボーアについてどうでしょうか?

 

斎藤 フォークボールを拾ったんですよね。ただ、タイミング的には練習試合のような取り方ができてないのかなと。まだピッチャー との間が取れてないような感じはしますけどね。

 

真中 まあ、まだ5試合ですからね。これからどう復活するのか見てみたいですね。

 

 

以上です。

次の試合が大事。
おすすめの記事