2018年11月3日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ6試合で6度の盗塁阻止で日本シリーズMVPに輝いた福岡ソフトバンクホークスのキャッチャー・甲斐拓也について元横浜のOBの高木豊と斎藤明雄がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



アナ MVPは甲斐拓也です。今日の試合でも2つ刺して6連続盗塁阻止というのはこれまでの4連続を上回るシリーズ新記録です。明雄さん、こんなキャッチャーが頼もしいですね。

 

斎藤 そうですね。ランナーを出してもピッチャーがクイックすれば刺してくれるというのがありますからね。もう変化球だろうが、真っ直ぐだろうが関係ないですよね。捕ってからの動作も速くてスローイングが正確ですからね。本当にマウンドにいるピッチャーは楽でしょうね。

 

アナ 豊さん、全てを封じ込められてしまうという盗塁阻止です。

 

高木 もう手が打てないですよね。

 

アナ ねぇ。

 

高木 それと1塁にランナーがいたとして、ちょっとボールをこぼしても、肩が強いんでなかなかスタートを切れないですよね。やっぱり盗塁だけじゃなくて、相手のエンドランも封じて、ちょっとした弾いたボールに対してもスタートを切れないという。

 

アナ うん。

 

高木 甲斐の肩で全部の足を止めましたね。

 

アナ セ・リーグの戦いでの広島カープは機動力を生かしたタナキクマルで走りまくってきたんですけどね。

 

高木 そうですね。だから、日本シリーズが始まる前に甲斐の存在が大きいんじゃないかという感じで、ソフトバンクを有利と予想したんですけどね。

 

アナ なるほど。

 

高木 ただ、ここまで(笑) これは出来過ぎと言えば出来過ぎですけど、やっぱりスゴかったですね。

 

アナ 明雄さん、育成から上がってきた甲斐ですけど、達川さんの存在というのもチラホラ聞こえてくる。

 

斎藤 そうですね。甲斐を抜擢したのも達川ヘッドコーチだと思いますからね。その辺の見る目もスゴかったと思うし、達川さんにない肩を甲斐が持っていたんじゃないかと思いますね。

 

アナ なるほど。豊さん、各チームが軸となるキャッチャーを探している中で、ソフトバンクはしばらくの間、万全ですね。

 

高木 そうですね。ただ、その甲斐を途中で代えて、高谷を持ってくるという。

 

アナ 高谷もいいんですよね。

 

高木 高谷も変化球のショートバウンドを捕って刺すという。キャッチャーって日本シリーズに入ると疲れると思うんですよ。

 

アナ うん。

 

高木 だけど、この2枚でいけるという、層の厚さが半端ないですよ。

 

 

以上です。

最後まで甲斐キャノンが炸裂して広島の武器を削り取りました。

おすすめの記事