2018年3月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で横浜DeNAベイスターズの戦いぶりについて元中日の谷沢健一と元横浜の高木豊とデーブ大久保が語っています。試合は初回に緊張からかFAで阪神から移籍してきた大和がエラーをしちゃいます。その後も守備でミスも重なり追加点を取られて敗戦することになりました。

 



大久保 横浜がちょっとチグハグに見えた。

 

高木 まあ、エラーで負けましたよね。エラーと四球が点になって負けましたけど、ただ今日の得点はロペスのホームランであり宮崎のホームランであり筒香が出たりだとか軸がしっかりしているから今日の負けは負けで仕方ないですけども軸がしっかりしてる分には大丈夫。あとは前後が活性化してくれば点が取れる態勢が取れてくると思います。

 

谷沢 1つ気になったのは大和のショート。新しい人を使って。開幕戦だから緊張感もあると思うんだけど、いきなりエラーをするとこれはピッチャーにも凄く影響がありますね。

 

高木 大和は恐らく内野で開幕スタートないんですよね。

 

谷沢 あぁ、初めてだろうね。

 

高木 やっぱり相当緊張があったと思うんですよ。最初は1つ捌くまで足が動いていないとう意識が自分の中にあると思いますね。

 

谷沢 まさに先程の話ではないけど足がガタガタ震える心境だったと大和は思いますよ。

 

 

 

以上です。

横浜はエラーで負けたような試合でした。名手大和が何でもないショートゴロをエラーをしたぐらいですから開幕戦で独特の緊張感はかなりあったでしょうね。

おすすめの記事