2018年11月3日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018の第6戦で敗退した広島カープ。その試合で引退となってしまった新井貴浩について元横浜のOBの高木豊と斎藤明雄がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



アナ 明雄さん、カープの新井貴浩が最後の試合ということになりました。

 

斎藤 まあ、兄貴分が今シーズンでユニフォームを脱ぐということで、丸を筆頭に若い選手が最後まで野球をしたいということだったんですけどね。新井としても最後の試合も出場できて本望だったんじゃないかと思いますけどね。

 

アナ 豊さんはどのように思いますか。

 

高木 新井らしい打席が見れなかったということと、そういうチャンスに巡り合わせがなかったですね。

 

アナ うーん。

 

高木 やっぱ、8回表の先頭バッターで出て来るバッターでもないし、でも使うところとすればここしかなかったし、スゴく残念だったというか、そんな感じがします。

 

アナ 福岡から広島に帰って来る時に私は個人的にやり取りしたんですけど、「また家族で広島で頑張ります」という言葉を貰いました。その新井選手の試合後の談話です。

 

「もちろん悔しさもあるが、それ以上にみんなにありがとうという気持ちが強いです。本当に感謝したい。可愛い後輩たちにありがとうしかない。日本一には届かなかったけど、シリーズ中にみんなの必死さが僕にはスゴく伝わってきた。いつも言うけどカープは家族のようなチームと思っている。今はスゴく結束している。それを2軍の選手たちや、これから入ってくる選手たちが引き継いでいってほしい」

 

 

アナ とコメントしていました。明雄さん、本当にいい兄貴分が去って、次のチームリーダーは誰になりますか?

 

斎藤 当然、丸になると思いますね。丸が新井のように、今度は後輩からお兄ちゃんと呼ばれるようにね。成長してほしいと思いますね。

 

アナ 豊さんは誰がチームリーダーになると思いますか?

 

高木 まあ、鈴木誠也も面白いかなと思いますけどね。

 

アナ なるほど。年は若いですけどね。

 

高木 若いですけど、ああいうキャラクターとかが何か広島って感じがしますよね。

 

アナ はい。

 

高木 丸は何か一つ上のレベルに行っちゃってるから、お目付け役でいいじゃないかなっていう。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

本人的にはやり切った感はあるんでしょうね。いいコメントでした。

おすすめの記事