2018年11月3日にフジテレビで放送された「S-PARK」でこの日に日本シリーズの第6戦に勝利し、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスを真中満が色々と総括しています。フジテレビアナウンサーの中村光宏と宮司愛海(二人共まとめてアナとして表記)と共に語っています。

 



アナ 真中さん、ソフトバンクは本当に強かったですね。

 

真中 いやぁ、強かったです。ソフトバンクは日本シリーズ中でも故障者が出たんですよね。

 

アナ はい。

 

真中 今宮、デスパイネ、石川とね。そんなに怪我人が出たにも関わらず、みんな穴を埋めてしまうんですよね。

 

アナ そうですよねぇ。

 

真中 いやぁ、本当に強かったですね。

 

アナ 今回の日本シリーズでは甲斐選手がMVPですが、真中さんから見たソフトバンクのMVPはどの選手になりますか?

 

真中 僕は柳田選手ですね。

 

アナ 4番の柳田選手。やはり第5戦のサヨナラホームランですか?

 

真中 そうです。サヨナラホームランですよね。大接戦の第5戦で勝ち切ったのがソフトバンクには非常に大きかったですよね。

 

アナ はい。

 

真中 この試合でもし広島が勝っていたら、今日の試合も分からなかったですからね。そういう意味では柳田選手の一発は流れを持ってきましたよね。

 

アナ 広島バッテリーも柳田選手に対してはインコース攻めを徹底していましたけどね。

 

真中 そうですね。そんな中を掻い潜って見事なサヨナラホームランでしたよね。

 

アナ そうですよねぇ。まあ、ここまでの日本シリーズを振り返ると監督の采配とか本当に色々あったと思うんですけど、気になった采配は?

 

真中 そうですね。両チーム共に投手交代が非常に早かったですよね。

 

アナ はい。

 

真中 例えば、広島の大瀬良とかソフトバンクの千賀でも、5回途中に代えて早めにどんどんピッチャーを注ぎ込んでいって、普段は見ないような投手継投だったなと思いますね。

 

アナ 早め早めの継投でしたよね。

 

真中 そうですね。その中でもソフトバンクの武田翔太ですよね。

 

アナ はい。

 

真中 武田投手がイニングを跨いだり、緊迫した場面で投げて、彼がそこでフル回転で投げたことが今回の日本一に繋がったと思いますね。

 

アナ 日本シリーズでは5試合投げて防御率1.23ですからね。

 

真中 そうですね。見事な投球でしたよね。

 

アナ そして最後には抑えの森唯斗投手もいて、本当に中継ぎ陣の厚さがありますよね。

 

真中 厚かったですよねぇ。本当に1年間を通してお疲れ様でしたと言いたいですね。

 

 

以上です。

真中の中では柳田と武田の活躍が大きかったようです。

おすすめの記事