2018年6月28日BS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のコロラドロッキーズ戦で7回無失点の好投をし、1500奪三振を達成したサンフランシスコジャイアンツのバムガーナーについてメジャーで活躍した高橋尚成がフリーアナウンサーの平原沖恵と共に分析しています。

 



【この日のバムガーナーの投球内容】

7回101球、被安打2、奪三振8、与四死球2、失点0

今季1勝2敗 防御率2.51 (6/28の試合終了時点)

 

【バムガーナーの試合後のコメント】

バム (1500奪三振達成で)この日を誇りに思う。ただ、今後も好投し続けることが大事。

 

 

アナ ジャイアンツ、サヨナラ勝ちで勝利しました。

 

高橋 うん。ジャイアンツの勢いが出てきたという印象ですね。まあ、クロフォードのサヨナラホームランで勝ったんですど、でも、今日はやっぱり今月復帰したバムガーナーの投球内容だったかなと感じますね。

 

アナ うん。

 

高橋 まあ、エースの投球内容が戻ってきたように思いますね。

 

【投球の映像を見ながら解説】

アナ では、初回のアレナド選手との対決です。

 

高橋 まあ、ストレートと変化球のコンビネーションが抜群だったなと思いますね。インコースを見せて外の緩い変化球で打ち取っていて、これもストライクからボールになる良い球なんですよね。アレナドでも簡単に凡退するしかなかったという感じですね。

 

アナ そうですね。

 

高橋 そして、5回表のピンチの場面なんですけど、動じることなく甘めのストレートなんですけどね。キレのあるストレートで抑えていったという感じですかね。

 

アナ 5回表が唯一のピンチでしたからね。

 

高橋 そうですね。

 

アナ さあ、バムガーナー投手は今日の試合で1500奪三振を達成しましたよね。

 

【左投手の1500奪三振の試合数】

1位 Rジョンソン 206試合

2位 Cカーショー 218試合

3位 Dプライス  236試合

4位 バムガーナー 239試合

バムガーナーは1試合平均の奪三振が6.27

 

 

高橋 うん。まあ、239試合目の到達で左投手で4番目の早さなんですけど、これは上の選手が名だたる選手ですよね。

 

アナ そうですよね(笑)

 

高橋 1500奪三振というのは並大抵のものではないと思いますよね。それプラス1試合平均で6個以上三振を奪っていないとこの数字にはならないんですね。

 

アナ なるほど。

 

高橋 そういう面では安定した投球をしているということですね。

 

アナ やっぱりバムガーナーは凄いですね、

 

高橋 凄いです。

 

 

以上です。

左投手でここまでやってくれるのは貴重なんですよね。カーショーと並ぶメジャーを代表するサウスポーです。

おすすめの記事