2020722vs.広島カープ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガルシア―岩崎―スアレス―馬場

広島 野村―一岡―塹江―菊池―DJ

 

阪神は先発のガルシアは初回から攻めこまれ1失点。阪神は3回裏にサンズのタイムリーで同点。ここから投手戦。試合が動いたのは8回裏にサンズが逆方向にソロホームランで勝ち越す。9回表に阪神はスアレスを投入しましたが、大山のエラーなどで2点取られ逆転されてしまう。1点追う阪神は9回裏にカープの抑え菊池を打ち崩し、近本のタイムリーで同点とする。試合は延長10回両チーム共に無得点で引き分け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―糸原について(途中退場で病院に行き有鉤骨の骨折と診断される)

矢野 抹消になると思う。

 

―今日も欠場のボーアについて

矢野 段階を踏んで上げている状態で、今日は治す方に力を注いだ方がいいんじゃないかという判断でベンチから外した。

 

 

以上です。

糸原の骨折離脱は痛いですね。
おすすめの記事