2018年2月に放送された「猛虎キャンプリポート」で元阪神の掛布雅之と朝日放送の中邨アナと元阪神でスカイAディレクターの福家雅明と共に語っております。

 



これは2018年2月に話していたことです

 

 

中邨 今年2年目の大山ですけども。

 

掛布 良くなっていますね。バットを強く振れるようになっていますし右の方への打球を少し意識しているようなバットの角度の使い方をしていますけども。もう少しその大山にとって荒々しさというのを忘れてほしくないですね。

 

中邨 はい。

 

掛布 将来は阪神の日本人の4番バッターとして育ってもらいたいので、確かに右へ打とうというバッティングも大切ですけども右の長距離バッターというのは、ややアウトコース寄りのボールを左中間の最深部に放り込むバッターが本当の長距離バッターなんです。

 

中邨 なるほど。グワーン!と。

 

掛布 真ん中、ちょうど間の外の甘いボールあるでしょ。

 

中邨 はいはい。

 

掛布 あれを右中間ではなくて左中間に放り込めるホームランバッターに大山になってもらいたいですね。そうするとピッチャーに与えるダメージはキツイでしょ。

 

福家 本当にそうですよね。そういえば中谷が紅白戦か練習試合で外の高めを左中間にホームランしていましたね。

 

掛布 そうそう。ああいうのがピッチャーに与えるダメージがね。上手く打たれたという感じではないでしょ。やっぱり力負けしたと。

 

中邨 はいはい。なるほどねぇ。

 

掛布 4番とエースの戦いで力負けするわけですよね。そういう1本というか凄くダメージあると思うんで。

 

中邨 実際にゲームの中でそういうものが打てれば、相手のエース級であればあるほど。

 

掛布 そうですね。今は上手く打とうという意識がやっぱりあると思うんですよね。ミスをしたくないという意識が。レギュラー獲得のチャンスですからね。

 

中邨 確かにね。実戦形式の中でも追い込まれたら右打ちであったりとかでそれを我々は上手さや成長のポイントと見るんですが掛布さんはその前にまず荒々しさを。

 

掛布 はい。その先を大山に期待したいんですよね。

 

中邨 なるほどね。それぐらいの器なんだということですか?

 

掛布 そうですね。僕はファームでも一緒にやっていましたけどすごく素直な子で吸収する力がすごいんですよ。

 

中邨 そうなんですかー。

 

掛布 それと継続する力があります。

 

福家 2017年はキャンプが終わって掛布さんに2ヶ月間預けられたでしょ。鍛えてくれと。

 

 

掛布 『ビガーマウンテンプロジェクト』

 

福家 フハハハ(笑)

 

掛布 大山のプロジェクトですね(笑)

 

福家 ウエイトだとか下半身強化だとか。

 

掛布 そう。金本監督から3ヵ月で体重を5キロ増やしてほしいと。そして筋肉量を何パーセント増やしてほしいと要望がトレーナーに来たんですよ。

 

中邨 はいはいはい。

 

掛布 彼は2ヵ月ちょっとでクリアしたんじゃないかな。それからですね。強く振れるようになってきたのは。

 

福家 2017年の後半に1軍で試合に出ていましたけど、あの2軍での2ヵ月間というのがすごく本人にとって良かったんじゃないかという気がするんですけど。

 

中邨 2017年の2月の時期だとユニフォームに着負けしているんじゃないかと、こんなにほっそりだったのというムードだったのが、確かに1軍に上がって来た時にプリっとした体になっていましたよね。

 

福家 掛布さんもなかなか試合に使わなかったですよね。

 

掛布 そうなんです。ある程度はトレーニングを中心に考えてDHなどを使いながら。

 

福家 時々、試しながら。

 

掛布 ちょっと金本監督の方に電話して「トレーニングをしながら打席をこなしていた方が大山にプラスになると思うのでDHを上手く使いながら試合数、打席数を増やしてもいいですか?」と監督に確認して「それはもう掛布さんの自由にしてださい」ということで打席数を増やしたいんですよ。

 

中邨 はい。

 

掛布 足のスピードもありますしね。

 

 

以上です。

2018年2月時点から右打ち意識に疑問を抱いていました。

おすすめの記事