2018年8月12日にTBSで放送された「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで8月9日の広島カープ対中日ドラゴンズの3回の鈴木誠也の打席で起こった珍しいシーンについて張本勲と西山秀二が番組MCの関口宏と共に語っています。

 



【状況】

打者・鈴木誠也の場面で4ボールの判定がされましたが、鈴木が歩かずにそのまま打席に立ち続ける。審判やベンチなども気付かずに試合が続行。結果的に鈴木はセカンドゴロに倒れた。

 

 

関口 これみんな何も言わないの?

 

張本 喝だ!!!!アンパイア!!

 

関口 喝だよねぇ。西山さんは喝じゃないんですか?

 

西山 喝ですねぇ。

 

張本 何を考えている。あのピッチャーは知っていたんですよ。

 

関口 えっ、分かってんの?

 

張本 でもね、言わないんですよ。フォアボールならそのまま1塁に行くからね。

 

関口 はい。

 

張本 そのまま打ってくれるなら、抑えらえるんじゃないかと考えた。それで、あのバッターも気が付いているんだよ。

 

関口 気が付いてるの!?

 

張本 打てるんじゃないかと思っていたからバッターも言わないんですよ。キャッチャーはどうだい?

 

西山 キャッチャーは絶対に気付いていると思います。

 

張本 やっぱりそうだ。

 

関口 分かってたの?

 

西山 絶対に分かってます。

 

関口 ベンチもみんな分かってなかった・・・。

 

西山 はい。キャッチャーは絶対に分かっていて、ラッキーだなと思っています。フォアボールじゃなくなって、もう一度勝負できますから。

 

関口 ほー。

 

西山 キャッチャーは分かっていて黙ってますね。

 

関口 あぁ、そう?

 

西山 はい。

 

関口 じゃあ、審判だけですか?

 

張本 アンパイアは何を考えとるんかね。アウトカウントとかボール、ストライクのカウントは絶対に基本なんだもん。

 

関口 うーん。

 

張本 恐らく、試合が終わった後に『何を食べようか どこに行こうか』、そういうことしか考えてないと思う。

 

関口 フフフ(笑)

 

張本 そうじゃないとね、肝心なことを忘れちゃダメですよ。

 

関口 アンパイヤは何をやってんのかなあ(笑)

 

張本 日本のアンパイアは世界一上手いのにねぇ。

 

関口 うん。

 

西山 だから、鈴木誠也にも喝ですよね。

 

関口 あー鈴木誠也ね。

 

西山 やっぱり、その後に打たなきゃいけないですよね。

 

関口 うん。

 

西山 自分が打てると思ってフォアボールを黙っていたと思うんですよね。打ちやすいピッチャーだったからなんでしょうけどね。

 

関口 そうか。打ちやすいピッチャーだと思っていたから、分かっていたけど黙っていたと。

 

西山 はい。本人は多分、打ちやすいピッチャーだから、打ちたいなあと思っていたんと思うんですよ。だから、黙って打っていたと思うんですよ。

 

関口 結果的にポカですね。

 

西山 はい。絶対に打たなきゃいけないですね。

 

 

以上です。

珍プレーとして面白いネタにはなりそうです。

おすすめの記事