2021年4月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でスタメンショートで出場し、2番の仕事をキッチリとこなした中日ドラゴンズの三ツ俣大樹について元ヤクルト広島の笘篠賢治、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日の三ツ俣の打撃内容
1打席目 セカンドゴロ(進塁打)
2打席目 送りバント
3打席目 レフト2塁打
4打席目 センター前ヒット
2番の役割をキッチリと果たす!

 

アナ 中日が小笠原投手の好投もありヤクルトに勝利しました。

 

岩本 はい。そして苫篠さん、今日のスタメンショートが京田ではなく三ツ俣でした。

 

苫篠 はい。

 

岩本 三ツ俣が2番という打順の仕事をしっかりとこなしてるように見えたんですよ。初回に進塁打、3回には送りバントと。

 

苫篠 何のために自分が使われたのか、これが自分の仕事だ、というのをしていますよね。

 

岩本 はい。

 

苫篠 求められる以上の仕事をするんじゃなくて、与えられた仕事をキッチリとこなそうというところで重要な2番にはこういう役割だという仕事をしてくれましたよね。

 

岩本 はい。昨今は2番最強説で大型のバッターを入れたりしますけど、所謂スモールベースボール型の2番の役割ですよね。

 

苫篠 そうですね。

 

岩本 これでも打線に好影響を与えるピースですよね。

 

苫篠 やっぱり2番で繋ぐという自己犠牲を含めて重要な役割ですよね。誰もが2番に入ると、そういったことを考えるんですよね。

 

岩本 なるほど。

 

苫篠 その中でいい働きをキッチリとかなしましたよね。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

京田はどうなるのか。
おすすめの記事