2018年5月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.楽天戦で見事なリリーフで4勝目をあげた東京ヤクルトスワローズ2年目の中尾輝について元横浜の平松政次、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の中尾の投球内容】

1回11球、被安打1、奪三振2、四死球0、失点0

4勝1敗 防御率2.66 (5/30の試合終了時点)

 

 

野村 今日、中尾が4勝目をあげたんですけど、スワローズの攻撃の中で満塁のチャンスが3回あったんですよ。

 

稲村 はい。

 

野村 2回、5回、6回と。それで5回、6回と満塁で点が取れない中でこの中尾が7回にマウンドに上がって、キッチリと抑えて、そしてその裏にスワローズが勝ち越して、そのまま勝ったという試合なんですけども。この中尾というピッチャーは平松さん、ヤクルトにとってはこういうピッチャーが1人でも2人でも出てきてほしいところですよね。

 

平松 そうなんですよね。投げっぷりが本当にいいんですよ(笑) もう思いきって勝負していますよね。

 

野村 はい。

 

平松 まあ、それなりに技術も力もあるということで勝負していくんでしょうけども、前回も登板して勝っているんですよ。

 

野村 はい。

 

平松 だから、中尾が出たら勝てるぞという、そういう雰囲気を今は中尾が作っているんじゃないかね。

 

野村 まあ、それだけ信頼も増してきたというね。

 

平松 そうそう。普通は同点じゃ打たれるピッチャーを出せないじゃないですか。

 

野村 はい。

 

平松 だから、相当ベンチからも期待をされているということでしょうね。

 

野村 はい。苫篠さん、この中尾が出てきたというのも大きいですよね。

 

苫篠 そうですね。色んなシチュエーションの中で『ここで点を取られたらいけない』とか色んな事を考えると思うんですけど、ピッチャーの事は僕は詳しく分からないですけど、自分の世界を持っている人の方が強みなのかと思います。

 

野村 うーん。

 

苫篠 マウンドに上がった時に自分の世界があるという。

 

野村 ワールドですね。

 

苫篠 ワールドがですね。そっちの方がイヤな事を考えずにバーンといけるような、中尾はそういうタイプに見えるんですね。

 

野村 なるほど。まあ、観ていても表情も強そうですし、ここで俺がというのを感じますよね。

 

平松 うん。これぐらいやっていれば先発するチャンスも巡ってきますよ。後半にね(笑)

 

野村 後半ですか(笑) 左ですしね。

 

 

以上です。

まあ、ガンガンいってくれる中継ぎがいたらチームは本当に助かりますよね。先発で使えそうな感じがもますね。

おすすめの記事