2018年8月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で連敗を止める働きの3安打、特大のホームランを打った東北楽天ゴールデンイーグルスの田中和基について元中日阪神の田尾安志と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



【この日の田中の打撃内容】

1打席目 センター前ヒット

2打席目 センター前ヒット (打点1)

3打席目 空振り三振

4打席目 ライトホームラン (打点1)

シーズン打率.295 (8/5の試合終了時点)

 

 

アナ 楽天がロッテとの連敗を2で止めましたね。

 

岩本 はい。田尾さん、いきなりお伺いしますが、楽天の田中和基が特大130メートル弾を含む3安打で大暴れですよ。

 

田尾 そうですね。まあ、キャンプの時点でおもしろい選手だなと前の監督の梨田監督と話をしたことがありましてね。

 

岩本 はい。

 

田尾 もともとパンチ力があるし、器用さも兼ね備えている。まあ、今日の1打席目と2打席目の2本のヒットはタイミングをズラされた中で上手く拾った誤魔化しヒットですよね。

 

岩本 はいはい。

 

田尾 ちょっとタイミングをズラされていますよね。

 

岩本 はい。

 

田尾 それで、4打席目のホームランの打席については、キッチリとタイミングが合った時には130メートルという飛距離も持っているというね。

 

岩本 えぇ。

 

田尾 まあ、本当に足は速いし、打てるし、守れるしで3拍子揃った選手なんでね。

 

岩本 はい。

 

田尾 まだまだこの成績以上のものが出てきそうな気配を感じますよね。

 

岩本 水曜日(8/1)には左右両打席でホームランも打っているんですよね。(※田中和基はスイッチヒッター)

 

田尾 そうですね。ノーステップにしてというか、前の足(右足)を上げなくなって、タイミングが合うようになってきたというね。

 

岩本 はい。

 

田尾 だけど、僕はまだ彼の良さは違うものがあると思いますね。

 

岩本 はい。魅力たっぷりの選手が出てきたということですねぇ。

 

田尾 出てきましたね。

 

 

5月にも田尾が言及しています

 

6月には高木豊らが言及しています

 

 

以上です。

前々から田中和基は才能があると言われていましたね。守備も上手いし足もあるのでこれからリーグを代表するリードオフマンになっていくのかもしれません。

おすすめの記事