2018年8月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦でスタメン出場し、トレード相手となった藤岡貴裕が先発投手するという因縁の対決となったこの試合で移籍後、初の猛打賞で勝利に貢献した千葉ロッテマリーンズの岡大海について元横浜の平松政次、元ロッテの里崎智也、元横浜の高木豊がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



【この日の岡の打撃内容】

1打席目 ライト前ヒット

2打席目 ライト前ヒット

3打席目 レフト犠牲フライ (打点1)

4打席目 レフト前ヒット

シーズン打率.162 (8/16の試合終了時点)

 

 

アナ マリーンズがファイターズとの3連戦を勝ち越しました。

 

平松 そうですね。まあ、トレード相手となった藤岡との対決で岡が今日は3安打で初打点。

 

アナ うーん。

 

平松 これでマリーンズの外野手争いが激しくなってきますけど、里崎さん、マリーンズの外野手争いはどうですか?

 

里崎 今、荻野貴司が怪我で離脱していて、外野手のレギュラーをなかなか決めきれないところで、岡も移籍当初はなかなかヒットが出なかったんですけど、ここにきて3安打の猛打賞を記録したのは本人も楽になったでしょうし、チームとしても大きかったですね。

 

平松 うん。

 

里崎 しかも、足も使えたんで良かったですよね。

 

平松 そうですよね。高木さん、岡は外野をしっかりと守れるし、走れるしでこうやって打てれば試合に出られますよね。

 

高木 はい。まあ、井口監督の目指す野球に合う選手ですよね。

 

平松 あーそうかもしれないですね。

 

高木 はい。

 

平松 エンドランだとか、色んな作戦もできるでしょうしね。

 

高木 はい。

 

平松 そういう意味ではこれから激しい外野のレギュラー争いがありますよね。

 

アナ 熾烈ですよね。

 

 

以上です。

トレード相手の藤岡が先発だったんで燃えるものがあったでしょうね。移籍当初は全然打てませんでしたが、ここにきて当たりだすとなるとレギュラー確保はできそうですね。トレードをして良かったとなるようにしてほしいです。

おすすめの記事