2019728日にTBSで放送された『S1』でこの日に行われた読売ジャイアンツvs.阪神タイガースの試合を野村克也がぼやき解説しています。

 



試合前

―急失速の巨人について

野村 まあこのまま巨人でしょ。俺の優勝予想も巨人なんだけど。フフッ()

 

―失速中で巨人ベンチでは盛り塩

野村 一切、盛り塩はやらなかった。そんなことで勝てるなら野球って簡単だよ。

 

 

試合開始

―先制された裏の攻撃で送りバントを選択した原采配

野村 俺は監督を長いことやらせてもらったけど、1回表の送りバントは好きじゃなかったな。こういう細かい作戦は7回以降だね。バントで1アウトくれるのは「ありがとう」といつも心の中でお礼を言ってた。フフッ()

 

―坂本の4番起用について

野村 原さんは何を考えているんだ?選手を育てるのが仕事なのに選手を殺してるよ。4番坂本は反対。打順を変えるというのは仕事が変わるからね。例えば12番というのは出塁したり、ランナーを進めたり、という目的でやってるから。

 

―坂本の三冠王はありえるか?

野村 まあ三冠王、ボチボチ出てもいいんじゃないの。夜の三冠王はようけおるやろ。俺も夜の三冠王だ(半笑い)

 

^序盤から巨人の大量得点で試合が決まる

野村 阪神ファンは「金返せ!」と言いたくなるだろう。甲子園でやってる時はベンチのそばまでやって来てヤジるからね。

 

―選手にはヤジが聞こえる?

野村 聞こえる聞こえる。

 

3回裏 打率24分を切っていた炭谷の打席で

野村 キャッチャーをやっていて打てないというのは俺はおかしいと思うんだよ。配球なんかは一番読みやすいポジションでやっている訳だからね。

 

結果、炭谷はこの試合2本のHRを打つ
試合は巨人の大勝で終了
原監督は通算999勝となった

 

試合後

―監督通算1000勝は目標?

野村 それを目標にしている人はいないだろうけど、原監督でも矢野監督でも長くやってもらいたいわね。

 

 

以上です。

巨人が大勝し過ぎて緊張感もなく見所がなかった試合でした。
おすすめの記事