2021年10月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で引退となった福岡ソフトバンクホークスの長谷川裕也について元横浜の高木豊、元中日の谷沢健一、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



長谷川の引退スピーチ全文

まず初めに、今日この場を用意してくださった球団の方々、全ての方々に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。そして、クライマックスシリーズを争っている状況の中、まだ順位が確定していない中で登録していただき、打席に立たせてもらいました。それを許してくださった球団の方々、監督、コーチ、選手の皆様、本当にありがとうございました。プロに入って15年、若い時の自分を思うと、ここまで長くできるとは思っていませんでした。それも王監督、秋山監督、工藤監督、コーチの方々の指導のおかげだと思っています。

そして、支えてくださったチームスタッフ、トレーナーの方々、体のケアをしていただいた先生方、手術をしていただいた先生。関わっていただいた全ての方々の支えがなければ、15年やってくることはできなかったと思います。

そして何より、一番近くで支えてくれた家族。妻には、気を使わせることも多く、子供たちにも我慢させることも多く、本当に助けてもらいました。野球に打ち込ませてくれて、野球に集中させてくれて本当にありがとう。

こうして多くの方々に支えられてやってきた現役生活も今日で終わりです。悔いはありません。一生懸命やりました。バットもたくさん振りました。今日の最後の打席も自分らしく終われました。伊藤投手、本当にありがとうございました。なかなか思い通りにいかないことが多かった現役生活でしたけど、そこから逃げずにしっかりと向き合ってやってきたということは自信を持って言えます。そんな自分を応援してくださったファンの皆様、15年間本当に応援ありがとうございました。自分はファンサービスや派手なパフォーマンスも得意ではありませんでした。にもかかわらず打席に立つ際には大きな声援をいただいたり、時には今日のようにアウトになった時でさえ大きな拍手をいただきました。普段の努力や一生懸命やる姿というのを感じてもらって、認めてもらっていると思っていました。それを喜びに感じ、さらに野球に向かって努力していく力になりました。

最後になりますが、けがも多く、山あり谷ありの野球人生でしたが、山を越え、谷を越え、やってきたその先にこんなにも素晴らしい舞台、場所があるとは思ってもいませんでした。多くの方々に見守られ、ファンにも見守られて引退することができ、本当に諦めずに頑張ってきて良かったと思います。会見では「順風満帆な野球人生ではなかった」と言いましたが、今日一日を通して考えが変わりました。訂正します。長谷川勇也のプロ野球生活15年間は、多くの方に支えられた順風満帆な野球人生でした。ファンの皆様、支えてくださった全ての方々、15年間本当にありがとうございました。

 

 

 

長谷川を語る

長谷川の通算成績
1233試合 安打1108 本塁打76 打点434 打率.288

 

アナ 今日、長谷川選手が最終打席を迎えて、最後にヘッドスライディングをしたのが印象的でしたん。

 

高木 工藤監督に「最後まで絶対に諦めないで絶対に帰って来ます」と告げたと。その姿勢を見せたのが最終打席でのヘッドスライディング。谷沢さん、どうですかこの男。

 

谷沢 いやぁ、もう感激したよ。こっちも涙が出そうだよね。

 

高木 熱さが非常に伝わる男ですね。真中さん、いかがですか?

 

真中 僕は色んな引退試合を見てきましたけど、どちらかと言うと、最終打席で終わった後にみんなに笑顔で祝福されて「お疲れ様」みたいな空気がほとんどじゃないですか。

 

高木 そうですね。

 

真中 最終打席では打てない自分に悔しがって、ベンチで手袋を叩き付ける。あの空気を作る長谷川のような選手ってあんまりいないですよね。

 

高木 怒ってました。

 

真中 だから周りも「長谷川さん、お疲れ様でした」と言いづらい感じのぐらい、長谷川としてはこの試合に何とかCSのために最後まで頑張ろうという姿勢。

 

高木 うんうん。

 

真中 今まで見た事のない引退試合でしたね。

 

高木 だから後輩に喝を入れたんじゃないかという。ベンチで悔しがって、そしてその後に甲斐がホームランを打って、長谷川のその気持ちに応えるというね。この結果は出来過ぎと言えば出来過ぎかもしれないですけど、でも長谷川が甲斐の心を奮い立たせたというホームランになったと思うんですけども。谷沢さん、長谷川は甲斐がホームランを打ったらベンチでガッツポーズをして涙を流すんですよ。

 

谷沢 うん。これはね、ソフトバンクが常勝チームとして長谷川は1233試合に出場したけど、チームメイトに恵まれたよね。

 

高木 そうですね。

 

谷沢 そういう中で育ってきただけに、最後の最後まで手を抜かないぞというプレーが見れたね。そして長谷川選手にのためにこのような花道を用意したのはいいチームだよね。

 

高木 そうですね。

 

アナ 長谷川選手、15年間の現役生活、お疲れ様でした。

 

 

以上です。

最後まで勝負に対する執念を見せてくれるプロ。
おすすめの記事