2018年8月19日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で終盤に単打を繋ぎまくって大逆転勝利した千葉ロッテマリーンズの打線について元日ハムの岩本勉、元横浜の高木豊、元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



【試合を決めた根元のヒーローインタビューの一部】

根元 みんなが繋いで繋いで、たまたま順番が僕だったんですけど、そういうところで一本打てたということは本当に良かったと思います。やっとチームに貢献できました。ありがとうございます。

 

 

アナ ロッテが終盤に6点差を逆転しての勝利ですね。

 

岩本 終盤にビックウェーブがきましたよね。

 

アナ はい。

 

岩本 そして、8回と9回に10安打なんですよ。

 

アナ はい。

 

岩本 そのうち単打が9本と。かつてマリーンズ打線はマリンガン打線と言われるぐらい、もうチュンチュン打つんですよね。今日の試合は17安打中、15本が単打。もう小さなヒットを繋いで繋いで得点するロッテらしい勝ち方になったんですよね。豊さん、この打線は魅力ありますよね。

 

高木 まあ、やっぱりイヤらしいですよね。

 

岩本 はい。

 

高木 長打でボーンとホームランでランナー無しになる方がスッキリできるところを、いつもランナーを出していて、それがジワジワと進むというのは非常に守っていても嫌だし、投げていても嫌でしょ?

 

岩本 嫌です。

 

高木 ねぇ。もういっその事、どっかでホームランを打ってくれと思う事もあるでしょ。

 

岩本 どっかで途切れてほしいなと思いますね。

 

高木 そうですよね。

 

岩本 金村さん、こういう時にバッターボックス入るのはどういう心境ですか?

 

金本 もう繋ごう、繋ごうという気持ちですね。

 

岩本 はい。

 

金村 鈴木大地はその姿勢がそのまま出ていますよね。次、打った選手に対してガッツポーズしてたりね。

 

岩本 はい。

 

金村 もう数珠繋ぎみたいになってますよね。

 

岩本 前の打者が何をした。そして、後続の打者にどんな特徴があるのか。そして、自分の行動が、というのがすごく繋がった打線になっていますよね。

 

金村 うん。

 

岩本 まあ、あの打線は強いですよ。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

17安打中、15安打が単打で繋がりまくるのは気持ちいいんですけど、やっぱり長打不足感は否めないですね。

おすすめの記事