2020年10月30日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で二夜連続で後逸してしまった千葉ロッテマリーンズのキャッチャー田村龍弘について元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



シーン
8回表1-1の同点
1アウト1-3塁の場面でピッチャー澤村が投じたスプリットはワンバウンドしキャッチャー田村の股間を抜けていってしまい3塁ランナーが生還し決勝点となった。ワイルドピッチという判定だったがNPB解説陣は田村のミスであると語る。

 

 

アナ ロッテは楽天に敗れて4連敗です。

 

野村 そうですね。苫篠さん、最後は結果としてワイルドピッチにはなりましたけど、田村の後逸が決勝点になってしまいました。

 

苫篠 連夜のミスで田村も眠れないやろなと思いますけど、これ澤村のスプリットが物凄く速いんですよ。

 

野村 そうですよね。

 

苫篠 里崎さんに聞きたいんですけど、スローで見ると澤村のスプリットのスピードにグラブの出し方が追い付いてないように見えたんですけど。

 

里崎 まず全てが準備不足ですよね。

 

苫篠 うーん。

 

里崎 そもそもブロッキングに入るのが遅いんですよね。あとスプリットのサインを出してるんだったら、最悪でもワンバウンドが来ると思っておかないといけないですよね。

 

野村 うんうん。

 

里崎 その状況の中でブロッキングの形に入る遅さっていうのは、そりゃ股の間にボールが抜けていっても仕方ないなと。連夜のってことでソフトバンク戦のことを言えば、シーズンはまだ終わったわけではないんですからミスして泣いてるようじゃダメなんですよ!

 

野村 うーん。

 

里崎 それぐらいプレッシャーの中でやっていくところで、全てマイナス面にいってるところが10月の7勝17敗と借金10になっている要因かなと思いますね。

 

苫篠 やっぱり準備ですね。

 

里崎 全てはそこになりますよね。投げてる澤村は投球としては最高の球を投げたと思うんですよ。あれを止めないとピッチャーも思い切って低めに投げれないですよね。

 

苫篠 まあ、怖がらずにまたサイン出してほしいですよね。

 

里崎 そうですね。ここからが田村にとっても勝負ですよね。

 

 

以上です。

里崎の厳しいお言葉。
おすすめの記事