2019620日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で3安打を放ち2日連続猛打賞と活躍している埼玉西武ライオンズの中村剛也について元広島の達川光男、元日ハム阪神の片岡篤史、楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



デーブ、片岡、達川が語る

この日の中村の打撃内容
1打席目 レフト2塁打
2打席目 セカンドゴロ
3打席目 レフト前ヒット
4打席目 レフト2塁打
シーズン打率.257(6/20の試合終了時点)
2夜連続猛打賞!

 

稲村 西武が中日との接戦を制して4連勝。中村選手が今日も3安打の猛打賞でした。

 

大久保 この2カードで10安打13打点をあげているという。片岡さん、中村が好調です。下位にこれがいたらデカいですね。

 

片岡 いやぁ、ホームランがありますからねぇ。また打者から一番ホームランが出にくいこのナゴヤドームで西武打線が非常に活発なんですよね。

 

大久保 はい。

 

片岡 中村選手の場合は相手側から見ても好不調が分かりにくいバッターなんでね。

 

大久保 確かに()

 

片岡 だからいいバッターなんでしょうね。

 

大久保 確かに8タコ食らってても分からないですもんね。表情も出さないし。達川さんは中村についてはどうですか?

 

達川 ちょっと肘の具合が悪くてね。

 

大久保 そうですね。悪いんですよね。

 

達川 今はかなり肘の調子がいいと思いますよ。打ち方がスゴくいいですよね。今後が楽しみですね。

 

大久保 さっきちょうど中村と喋れたら、ちょっと差し込まれてライトにしかボールが飛ばないことが多かったらしいんです。

 

達川 うん。

 

大久保 それでポイントを前にすると体が突っ込むから、そのピッチャーに対して引っ張れるポイントを探したら、前にいい打球が飛ぶようになったみたいですけどね。そういう感覚ってホームランバッターにはありますよね。差し込まれない、引っ張れるポイントですよね。もともとスタンスを広げて2ストライクもあるから、追い込まれてるのを想定して打つ練習をしていたタイプだったんで。

 

稲村 はい。

 

大久保 引っ張れるポイントが見つかったと。

 

 

以上です。

ここから先はデーブの長い話が続くのでカットしました。
おすすめの記事