2018年5月20日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックス戦で今季初黒星を喫した埼玉西武ライオンズの榎田大樹について元横浜の平松政次、横浜で監督をしていた大矢明彦、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日の榎田の投球内容】

7回109球、被安打5、奪三振6、四死球2、失点2

今季通算4勝1敗防御率1.56 (5/20の試合終了時点)

 

アナ 西武の榎田投手は移籍後初黒星となってしまいました。

 

岩本 でも、素晴らしい安定感を持ったピッチャーですよね。

 

アナ はい。

 

岩本 予告先発があり、マウンドに上がる時にはチーム全体で今日は榎田だから、しっかりとゲームを作ってくれるし「よし 戦い方はこうしよう」というビジョンはスゴく立てやすいと思うんですよ。

 

アナ なるほど。

 

岩本 平松さん、榎田はライオンズに移籍してきて好投していますよね。

 

平松 こんなに変わるのかなと思ってね。

 

岩本 はいはい。

 

平松 阪神にいたらこんなに余裕を持って投げていなかったかな(笑)

 

岩本 セ・リーグだから打席に立ったりすることの影響もあるんですかね。でも、リリーフが多かったですよね。

 

平松 リリーフが多かったですよね。やっぱりタイガースの時は怖がって投げていましたよね。

 

岩本 なるほど。

 

平松 今は堂々としていて、これだけ勝ち星をあげて成績を残していますので、ピンチにも動じずに、とにかく自分の持っているボールを力一杯投げていますよね。

 

岩本 はい。

 

平松 そんなに速いボールはないんですよ。だけど、内容はいいですね。

 

岩本 榎田は環境が変わってスゴくいい姿が目について印象に残っているんですけど、大矢さんはいかがですか?

 

大矢 特に今年はスライダーがいいですね。それでボールを低く投げてゴロを打たせるという、本来の榎田が出来ていたピッチングが甦ったというのかな。気持ちがスゴく楽に投げられている。

 

岩本 はい。

 

大矢 それと、打線との絡みがスゴくいいんですよね。そういうのを含めて勝ち運を今年は持っていると思いますね。

 

岩本 はい。好循環の中に自分の良さを全面に出せているということですよね。

 

大矢 そうですね。

 

 

以上です。

榎田が西武で大活躍です。チームを支えるほどの重要な役割を担っていますね。左投手は貴重ですから西武は良い補強をしましたね。

おすすめの記事