2020年10月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で先発し、6回1失点でようやく今季本拠地初勝利を飾った東京ヤクルトスワローズの石川雅規のピッチングについて元阪神ダイエーの池田親興とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



石川のヒーローインタビューの一部

石川 本当にチームにスゴく迷惑をかけてましたし、何とかいい準備をして、いい形でゲームを作るということに集中しました。本当になかなか思うような結果が出ずに、ファンの皆さんも、何と言ったらいいのか、アレですね。今日は勝てて良かったです。

 

 

石川を語る

この日の石川の投球内容
6回76球 被安打3 奪三振5 四球2 失点1
今季2勝7敗 防御率4.61(10/21の試合終了時点)
ようやく今季本拠地初勝利!

 

アナ ヤクルトが村上選手の決勝2ランで巨人との接戦を制しました。池田さん、この試合の熱視線をお願いします。

 

池田 村上のホームランは見事でした。そして投げる方では石川ですよね。今日勝ち投手になりまして、お立ち台でも何と言っていいか分からない感じでしたけども。

 

真中 はい(笑)

 

池田 ファンの皆さんもヤキモキしていたでしょうねと言いたかったのか。

 

真中 でしょうね(笑)

 

池田 ピッチングでは非常に球を散らして、緩急を付けて、いい形で投げてましたね。村上のタイトル争いもあって岡本には絶対に打たせないとか、その辺まで神経が行ってたかは難しかったと思いますますが。

 

真中 そうですよね。 

 

池田 そして6回のピンチも落ち着いていたと思いますね。巨人サイドのスクイズ失敗もありましたし。

 

真中 ありましたね。

 

池田 あの辺のツキや粘りも出て、神宮で今年まだ勝ってないのが不思議だなと思える内容でしたね。

 

真中 うんうん。

 

池田 まあ、今日は坂本がホームランが打った後の、次の1球だけ本当に危ない球を投げて打たれたんですが、それ以外はほとんど普通に投げてましたね。

 

真中 はい。石川は勝てて本当に嬉しそうでしたね。

 

 

以上です。

何だかんだで石川は生き残りますね。
おすすめの記事