2018年9月にMBSテレビで放送された野球中継の余った時間に放送されていた内容です。元西武ライオンズのデストラーデが西武時代の思い出などを語っています。

 



レイズの本拠地トロピカーナ・フィールドにデストラーデがいます

 

デス 亀山さん、久しぶりね~(日本語)

 

亀山 久しぶりです。あれ?眼鏡は?

 

デス ないでしょ。(日本語) サンキューベリーマッチ アイラブジャパン(弓引きポーズをしながら)

 

亀山 今は何の仕事をしているんですか?

 

デス 今は2つのことをしている。テレビの解説。もう1つの仕事はタンパベイ・レイズのアンバサダーをしているんだ。

 

亀山 レイズだと岩村君が来てるじゃない。

 

デス 岩村、いい選手。(日本語) 彼の写真はまだあるんだよ。彼はとても人気がある選手なんだよ。

 

亀山 入り口にあったよね。

 

デス そう。このチームは変わったチームでスーパースターが野球人生の最後に来るチームなんだ。野茂さん、もちろん松井秀喜も。

 

亀山 今でも日本を思い出したりはしますか?

 

デス 携帯で簡単に情報が見られるようになったから、よく見ているよ。西武のことも日本のことも。日本の野球や選手に対してスゴく熱い思いを持っていて、いつかコーチや監督として日本球界に戻りたいという夢があるんだ。

 

亀山 外国人選手が日本で活躍する秘訣は何だと思いますか?

 

デス 会話だと思うよ。野球をやるだけじゃダメだね。できるだけ早く文化を理解しないといけないんだ。

 

亀山 日本語が上手くなった一番のポイントはどこにあんのかな?

 

デス 通訳に日本語で話すようにお願いしたんだ。あとはずっと日本語を聞くようにして勉強していたんだ。

 

亀山 トータルしてやっぱり日本で活躍する選手は陽気だよね。歌とかも歌うの?

 

デス オーイエス。(【山下達郎のGET BACK IN LOVE】を歌いだします)

 

ここから話が変わります

 

亀山 ひょっとしたらタイガースに入っていたかもしれない外国人ということで、今回取材に来たんですけど。

 

デス そうですね。2つのチームからオファーがあったんだ。阪神タイガースと中日ドラゴンズ。

 

亀山 はい。

 

デス 阪神と中日はシーズンが始まる前に興味を持ってくれていたんだ。でも、僕はまだメジャーリーグから離れるか決めきれていなかったんだ。でもそのあと、僕の代理人が日本に改めて行ったんだ。そして5月に西武と契約したんだ。

 

亀山 どうせなら一緒にやってみたかったですね。日本の野球ファンにメッセージをお願いします。

 

デス 西武ファンの皆さん、日本のファンの皆さん、日本でのプレーは今でも僕にとって宝物です。

 

亀山 これからも野球の楽しさを伝えてください。

 

デス ホントにアリガト。アリガトウゴザイマス。イイカンジね(笑)

 

最後にデストラーデと亀山が並んで弓引きポーズをして終了しました。

 

 

以上です。

日本時代の思い出を宝物と言ってくれるのは嬉しい話です。

おすすめの記事