2018年5月17日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のアストロズ戦の先発バーランダーと対決したエンゼルスの打者大谷翔平を元巨人の高橋尚成がフリーアナウンサーの平原沖恵と共に分析しています。

 



【この日の打者大谷vsバーランダー】

1打席目 三振

2打席目 セカンドゴロ

3打席目 三振

4打席目 三振

 

【試合後の大谷のコメント】

大谷 (バーランダーの印象は)いくら払っても経験する価値のある素晴らしい投手だなっていう。(コールとバーランダーの対戦は)今まで野球をやってきて打席の中で見た1番速い球じゃないかなと思いますし、この2戦は負けましたけど、また何回も対戦する機会があると思うのでそこで超えていけるように練習していきたいと思います。

 

 

アナ 大谷選手、今日も打順2番で先発しました。高橋さん、バーランダー投手の前に完敗でしたね。

 

高橋 完敗ですね。まあ、大谷選手だけじゃなくエンゼルス打線がやられた感じですよね。そういう面ではバーランダーが良すぎましたね。

 

アナ はい。

 

高橋 その中でも特に大谷選手には絶対に打たれたくないという意地を感じましたね。

 

アナ はい。

 

 

【打席の映像を見ながら】

アナ 今日の第1打席です。

 

高橋 はい。まあ、セベリーノから打った内角の速球のホームラン(第4号)があったんで、そこまでインコースを攻めてこないと考えていたんですけど、そこでばんばんインコースを攻めてくるんですよね。

 

アナ うん。

 

高橋 3球目以降は全部インコースなんですね。インコースを見せられたことによって足元も動かされて最後に空振り三振をしたインコースのスライダーはストレートに見えているんですよね。膝元にスライダーを決められているのでボールが消えたと思います。それぐらいキレのあるスライダーを投げていたと思いますね。さすがバーランダーです。

 

アナ はい。

 

高橋 研究をしていたからこそだと思いますね。バーランダーは試合後にこういう事を言っていました。

 

【バーランダーの試合後のコメント】

バー フルカウントから『スライダー』を投げたのは大谷の実力を認めているからだ。映像で研究し、大谷は速球に強いことを知っていた。だから、『スライダー』を使ったんだ。

 

 

アナ 「実力を認めているからだ」と仰っていましたが、バーランダー投手は初対決の相手にはスライダーを投げないそうなんですが、いかに大谷選手を警戒していたか分かりますよね。

 

高橋 そうですね。この日のバーランダーはけっこうインコースに投げているんですよね。(大谷に対して21球中14球)

 

アナ はい。

 

高橋 昨日(5/16)のコールは15球中3球しかインコースがなかったんです。

 

アナ うん。

 

高橋 そこでインコースを投げる意味を説明したいんですけど、ご覧ください。

 

 

【第3打席目の映像を見ながら解説】

高橋 インコースを投げることによって大谷選手の腰を引かせたり足元をズラすんですね。もちろん、インハイに投げられればベストのインコースなんですけど、足元を動かすようなインコースを投げることによって足の踏み込みが弱くなったりするので最後に(外角高めの球)に弱いスイングになるんですよね。

 

アナ うーん。

 

高橋 これ完全に踏み込めてないですよね。もう手だけで打ちにいっている感じなんで。

 

アナ そうですね。踏み込めていないですね。

 

高橋 はい。これを見るとインコースにしっかりを投げ込んで良いバッターを崩していこうとしていますよね。

 

アナ これは今後、大谷選手はインコースへの対応がポイントになってくるんじゃないですか?

 

高橋 はい。どんどんデータが入ってくるほど、ピッチャーも大谷選手もどちらも大変になってくると思いますね。

 

アナ はい。

 

高橋 これはいたちごっこになっていくと思います。データが入ってインコースの球をどのようにして打っていくか。それで今度はアウトコースのデータが出たら、どう打っていくのかでどんどん対応しないといけないので色んな対応をしていくと長くプレー出来るでしょうね。

 

アナ 確かにそうですよね。

 

高橋 大谷選手は出来ると思うのでね。

 

アナ セベリーノ投手のインコースを打って、それからはインコースじゃなくてアウトコースなのかなと思ったらこうやって。

 

高橋 今度はバーランダーがインコースを攻めてきましたね。

 

アナ 今度はこれを攻略するとピッチャーがまた考えてくるということなんですね(笑)

 

高橋 もう本当にいたちごっこなんですよね。またそれを見ているのも楽しいですよね。

 

 

以上です。

いたちごっこはまさにその通りですね。まさかのインコース攻めで面食らった感じが大谷にはあったと思います。これから絶対に対応してくれるはずです。

おすすめの記事