2020年10月11日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し9回途中2失点でプロ初勝利を飾った東北楽天ゴールデンイーグルスの瀧中瞭太について元横浜の平松政次と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



瀧中のヒーローインタビューの一部

―今日のピッチングについて

瀧中 自分の持ち味である丁寧なピッチング。それを心掛けてマウンドに上がりました。

 

―初勝利のウイニングボールは?

瀧中 自分の物にしたいんですけど、やっぱり両親にあげたいです。ただ、喧嘩しちゃうんで、もう1つ勝って、2つあげれるようにしたいと思います。

 

 

瀧中を語る

この日の伊勢の投球内容
8回2/3 129球 被安打5 奪三振8 四球0 失点2
1勝1敗 防御率3.63(10/11の試合終了時点)
プロ初勝利!

 

アナ 楽天が西武に勝利。瀧中投手、初勝利おめでとうございます。ピンチはあったものの8回まで無失点ということできた。岩本さん、どうでしたか?

 

岩本 嬉しい初勝利でしたよね。平松さん、最後にちょっと惜しいような形に見えたんですけど、まあ何よりも1つ勝てたことが嬉しいですよね。

 

平松 もちろんですよ。なかなかピッチャーも登板しても勝てなかったら「勝てないのかなあ」とか思っちゃうんだけど。

 

岩本 そうですね。

 

平松 でもね、この瀧中は武器を持ってるわ。

 

岩本 はいはい。

 

平松 フォークだね。このフォークがよく落ちるよね。

 

岩本 落差がありましたよね。雨模様の試合でしたけど、しっかりとしたグリップが利いていましたよね。

 

平松 そうそう。最初に打たれたのはストレートの甘めだったんだよね。

 

岩本 はい。

 

平松 だからストレートで遊んで、勝負はフォークで仕留めると。これからドンドン頑張れるピッチャーじゃないかな。

 

岩本 そうですね。代名詞と言えるような球種があるのは大きな強みですね。

 

平松 そうですね。

 

 

以上です。

フォークに特徴のあるピッチャーです。
おすすめの記事