2020714日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で送球ミスを連発してしまった北海道日本ハムファイターズの清水優心について元横浜の平松政次、横浜で監督をしていた大矢明彦、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



シーン

1回表 0-0の時にロッテ荻野の二盗の送球でピッチャー上沢に当ててしまう。3回表2点ビハインドの1アウト12塁でダブルスチールをされた時の送球でサードが全く捕れないところに投げてしまう。ちなみに前の試合でも3塁に悪送球をしていた。

 

 

清水の送球を語る

アナ 日本ハムはロッテに敗戦。平松さん、今日はキャッチャーの清水選手のミスが心配ですよね。

 

平松 そうですね。1回表に荻野が走った時の送球をピッチャーの上沢にぶつけたんだよね。それで3回表には三盗された時の送球で3塁にとんでもないボールを投げるんですよね。

 

大久保 はい。

 

平松 こういうところで今日はちょっとお仕置きだという事で、チームの足を引っ張ってるという事で、交代させられたんですよね。ピッチャーにとってキャッチャーのミスで気分を悪くする事はそんなにないんだけどね。

 

大久保 大矢さん、3回表のあの盗塁なんですけど、いい所に送球すればタイミングは完全にアウトじゃないですか。

 

大矢 そうだね。

 

大久保 ロッテベンチは「もしかして清水に何かあるかも」と思ってたんですかね?

 

大矢 あのダブルスチールの時の送球は多分ちゃんとボールを握れてなかったんじゃないかな。

 

大久保 はい。

 

大矢 やっぱり握れてなかったら投げたらダメだよね。

 

大久保 清水も投げない勇気が必要ですよね。

 

アナ 表情がちょっと強張っていたので、後に引かないか心配なんですが。

 

大久保 後に引いたら1軍ではやっていけないですもんね。

 

大矢 そうだね。僕も40年ぐらい前に盗塁されてピッチャーにぶつけた事があるんです。頭にぶつけちゃいました。未だに覚えてるんで、清水もずっと覚えてるでしょうね。

 

アナ うーん。

 

大矢 次は当てないように気を付けましょう。

 

大久保 そうですね。練習して乗り越えてください。

 

 

以上です。

練習ではちゃんと投げれてるからスタメンなんでしょうけどね。
おすすめの記事