2020714日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で今季初勝利をあげた横浜DeNAベイスターズの大貫晋一のピッチングについて元横浜の平松政次、横浜で監督をしていた大矢明彦、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



大貫のヒーローインタビューの一部

大貫 ずっと悔しい思いをしてましたし、チャンスを何度も頂いているのに結果で応えられなかったんで、今日こうしてチームにちょっとでも貢献できたので、スゴく嬉しいです。

 

 

大貫の投球を語る

この日の大貫の投球内容
8回89球 被安打3 奪三振6 四死球1 失点2
今季1勝2敗 防御率4.15(7/14の試合終了時点)
中3日も今季初勝利!

 

アナ 大貫投手、ここまでの登板では良くなかったんですが、見事に雪辱を晴らすような投球で今季初勝利をあげました。

 

大久保 大矢さん、710日の甲子園での阪神戦で1イニング3点とか取られて短いイニングで交代させられたんですよね。だから中3日登板なんですよ。

 

大矢 そうですね。

 

大久保 今日のピッチングはどうでしたか?

 

大矢 今日は低く丁寧に投げましたよね。球数も少なく、落ち着いて自分のピッチングが出来たんじゃないですかね。それと早めに援護点を貰えたんで、それも力になりましたよね。

 

大久保 そうですね。平松さんは今日の大貫のピッチングについていかがですか?

 

平松 前回の阪神戦では13安打3失点、2本のホームランを浴びたんですよね。よくラミレス監督が中3日で投げさせましたよね。

 

大久保 うーん。

 

平松 大貫にとっては平良が物凄く活躍している事が刺激になってますよね。去年は平良とローテーションを競い合ってましたからね。そういう意味では平良とはライバルでいい関係だと思いますね。

 

アナ ラミレス監督は「次も中3日がいい」とコメントされていました() あと「今日の試合後に登録抹消する予定だったが、僕の考えを変えさせた。今後もローテーション投手として期待したい」という事でした。

 

 

以上です。

去年も相当期待されてましたから能力はあるんです。
おすすめの記事