2021年4月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初勝利を飾った埼玉西武ライオンズの上間永遠について元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、楽天の監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



上間のヒーローインタビューの一部

上間 しっかり決めるというところが自分のピッチングなので、今日はしっかり投げれたと思います。(ウイニングボールは?)お母さんにあげたいと思います。2年目の上間永遠です。今日だけじゃなくて、これからもいいピッチングを続けていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

上間を語る

この日の上間の投球内容
5回80球 被安打5 奪三振3 四球0 失点1
今季1勝1敗 防御率5.02(4/27の試合終了時点)
3度目の正直で初勝利!

 

アナ 上間投手、プロ初勝利おめでとうございます。

 

大久保 今日は最初投げてた時から「どういうピッチャーだろう?」と思ってたんで、今日はライオンズの編成の潮崎さんに聞いたんですよ。

 

アナ はい。

 

大久保 そうしたらね、岩本さん、キャンプの時から西口コーチが惚れ込んで「ローテでいける!」って言ってるぐらいだったんですよ。どうですか?

 

岩本 はい。スゴくオーソドックスなピッチャーですけど、打たせて取る投球技術が見えましたね。

 

大久保 総合的にいいですよね。

 

岩本 そうですね。なのでここからアウトを取るコツを覚えてくると、本当にローテーションで勝てるピッチャーとして機能するんじゃないですかね。

 

大久保 そうですよね。

 

岩本 沖縄出身のピッチャーですよね。

 

アナ そうですね。2年目の二十歳の選手ですね。

 

上間永遠 20歳
2001年1月31日生 180cm・79kg
柳ヶ浦高―徳島インディゴ―西武(2019年 育成ドラ7)

 

 

ここから打線について

 

この日のオーダー
1番 源田
2番 スパンジェンバーグ
3番 森

 

大久保 豊さん、あと打順もいい感じになってきましたよね。

 

高木 まあ足が使えるという事ですよね。

 

大久保 はい。

 

高木 だから西武の場合は長打がないチーム状態だと足で攻めるというのができますからね。

 

大久保 そうですね。

 

高木 だから色んな攻撃パターンの中で、2番に入っているスパンジェンバーグに一発があったりとか。でもこの選手は足も速いですからね。

 

大久保 速いですねぇ。

 

高木 使い勝手がいいですよね。

 

大久保 なんか外国人選手って2番に入ったら「あれ?」って思うけど、メジャーとかだと外国人が2番だからね(笑)

 

アナ まあそうですね(笑)

 

大久保 だからこの1番2番はいいですよね。

 

高木 いいと思いますね。

 

岩本 スパンジェンバーグは1番というのがありましたからね。引っ張りが出来る2番は魅力がありますよね。

 

大久保 そうですよね。ちょっとこれで形が見えそうなオーダーでしたね。

 

 

以上です。

上間に注目。
おすすめの記事