2021年4月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦でマルチヒットを打ち、これで先発6試合中5試合でマルチヒットとなった広島カープの羽月隆太郎について元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、楽天の監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の羽月の打撃内容
1打席目 ピッチャー内野安打
2打席目 ピッチャー内野安打
3打席目 ライト3塁打
4打席目 空振り三振
5打席目 ピッチャーゴロ
この日もマルチヒット

 

アナ 広島が森下投手の好投、そして打撃陣の猛攻でDeNAに勝利し貯金を1としました。

 

大久保 そうなんですよ。今日はその中で、小園も頑張ってる、森下ももちろん頑張ってる、そしてそこに羽月が物凄く頑張ってるんですよね。

 

アナ はい。

 

大久保 そこで佐々岡監督にさっき電話して、「この選手はいいね」って言ったら「育てるのもある」と。結果も出してますよね。

 

アナ そうですね。羽月選手は高卒3年目の21歳。167センチで神村学園出身のドラフト7位と。

 

大久保 はい。そして6試合スタメンで5試合がマルチヒットなんですよね。

 

アナ そうです。

 

大久保 豊さん、5試合で2安打以上してるんですよ。

 

高木 ですよね。まあ、スイングの時の腕の振りがいいですね。

 

大久保 腕の振り。

 

高木 はい。小さい選手だと普通バットを振るって体で振るような選手がいるんですけど、スイングの時の腕の振りがシャープですよ。

 

大久保 うんうん。

 

高木 だから体が開く前に腕が走っちゃうから、ヒットになりますよね。

 

大久保 なるほど。岩本さん、今の豊さんが解説するような選手はピッチャーとしてもやりづらいですよね。

 

岩本 そうですね。ピッチャーからすると厄介ですね。

 

大久保 厄介ですよね。

 

岩本 マウンドに立ってて、どうにかされるというイメージが付くんで、バットに当てられると何かが起きるというイメージは持ちますね。

 

大久保 これは楽しみですよ。田中広輔にも刺激になるし、小園にも刺激になるし、いい効果です。

 

 

以上です。

小園と一緒に頑張ってます。
おすすめの記事