2021年5月19日vs東京ヤクルトスワローズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西純―馬場―岩崎―スアレス

ヤク 田口今野―坂本

 

阪神先発の西純はプロ初登板。初回から四球連発でピンチを迎えるも0点に抑える滑り出し。この後、西は5回までノーヒットピッチングで降板。阪神は5回裏に近本がソロホームランを放ち先制。7回裏にも阪神はチャンスを作り、ヤクルトのキャッチャー中村の悪送球の間に1点追加。ヤクルトは8回表に中村のタイムリーで1点返し1点差とする。しかし阪神は直後の8回裏にサンズのソロホームランで再び2点差。試合はこれで決まり最後はスアレスが締めて3-1で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

5回無失点の西純矢について

矢野 5回無失点、勝ちも付いたし100点だ。これまで初登板のピッチャーでよくあるのがストライクが入らないこと。そういうのをたくさん見てきたけど、結果ゼロで抑えたのがあいつの勝ち運を感じた。もちろん初対戦の有利さというのもあったと思う。ただ、佐々木・奥川・宮城とかライバルの存在が西に力を与えたのもあるんじゃないか。

 

 

貴重な追加点となるHRを打ったサンズのコメント

サンズ 今日は先発の西をはじめ、みんないい仕事をしていたし、最後にはスアレスというパーフェクトなリリーバーがいるから、あそこで1点を追加していい展開にすることができて良かったよ。

 

 

西の後に2イニング無失点に馬場のコメント

馬場 相手に流れを与えない事を意識して投げました。2イニングを三者凡退で抑える事ができたし、いい形で次に繋げて良かったです。

 

 

以上です。

西もライバルに負けていない。
おすすめの記事