2020年10月5日の阪神タイガースvs.読売ジャイアンツ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 高橋

巨人 桜井―宮國―堀岡―田中

 

阪神の先発の高橋は序盤好調でしたが、4回表に捕まり坂本のタイムリー2塁打で1点先制される。その直後の4回裏に阪神もノーアウト2-3塁のチャンスを作り、バッテリーエラーで1点返し同点。更に5回裏には大山が24号2ランホームランを放ち2点リード。6回裏にはピッチャー高橋、近本の連続タイムリーで2点追加し4点差。そして7回裏には高山のタイムリーで5点差。投げては高橋が4回の1点のみでそのまま14奪三振の完投で6-1で阪神の勝利。

 

 

試合後の矢野監督のコメント

同点の場面で大山の2ラン

矢野 チームとしてなかなかタイムリーが出ない中、2アウトからのフォアボールからのホームランだと相手ピッチャーにダメージを与えるし、チームにとっても効果的なホームランだった。バッティングも内容があるものだった。

 

―タイムリーを打った高山について

矢野 あの1本だけではダメでしょう。本人はホッとするかもしれないけど、ある程度チームに流れが来ていた中でのタイムリーだったし。自分で流れを引き寄せるような1本を打ってほしかった。

 

―スタメン落ちしたサンズとボーアについて

矢野 サンズはまだ腫れもある。ボーアはまだ調子がなかなか上がってこない中で、連戦というのもあって総合的な判断でベンチスタートにした。

 

 

以上です。

快勝でした。
おすすめの記事