2020年10月5日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦で2ヵ月ぶりに先発したものの不用意な投球が目立ち5回3失点で白星が付かなかった読売ジャイアンツの桜井俊貴の課題について元横浜の斎藤明雄と元中日巨人の井端弘和がフジアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日の桜井の投球内容
5回83球 被安打6 奪三振4 四球3 失点3
今季2勝3敗 防御率4.89(10/5の試合終了時点)
2ヵ月ぶりの先発も不用意な投球が目立つ

 

アナ 巨人は阪神に敗れて、このカード2勝2敗でした。先発の桜井投手は2ヵ月ぶりの先発でしたが、明雄さんはどのようにご覧になりましたか?

 

斎藤 昨年は8勝して優勝に貢献したんですよね。今日のピッチングを見ていると、ボール自体には力があるんですよ。だけど不用意な投球が多かったのかなという印象がありますね。

 

アナ 不用意。

 

斎藤 はい。初回、近本に2ベースヒットを打たれたのも2ボールの後のストレートが真ん中にいったものでした。その後のピンチでは打ち取ったりするボールもあるんだけど、コントロール的には高めが多かったのかなという感じがありましたよね。

 

アナ うんうん。

 

斎藤 そしてこの桜井というピッチャーは上げた足が1塁側にオープンにステップするので、ちょっとシュート回転が多いんですよね。5回裏に大山にホームランを打たれたシーンも簡単に2アウトを取ってから糸井にフォアボールを出してのものでしたし、あの辺りでピッチングが変わったというのもあったんですよね。

 

アナ はい。

 

 

斎藤 やはりフォアボールを出したので打たれたくないという気持ちが出てしまって、大山には1球目ストレートがボール、2球目スライダーがボールになってしまって、そこからカウントを整えたいという事で甘いストレートを投げて、ものの見事にバックスクリーンにホームランですからね。何か簡単に点を取られ過ぎという感じに見えましたよね。

 

アナ うーん。

 

斎藤 ジャイアンツは日本シリーズを見据えながら先発の桜井に期待していたと思うんですけど、4回ぐらいまでピッチングを見ていると、先発ピッチャーが崩れた時のためのロングリリーフ要員という役割になるかなという印象はありますね。

 

アナ なるほど。久しぶりの先発という桜井投手でしたけど、井端さんはどのように見てましたか?

 

井端 本来であれば阪神の先発の高橋投手のような低めに集める投球をしないと抑えられないのかなと。

 

アナ はい。

 

井端 どちらかと言うと、投げっぷりで「打てるもんなら打ってみろ」という投球スタイルで、結果的にそれが甘く行って打たれているわけですから。もう少し球持ちを良くしたり、低めを意識したり、コーナーを突いたりとか、そういうところを磨いていかないと今日のようなピッチングを繰り返してしまうのかなとは思いますけどね。

 

アナ うーん。もうマジックが点灯していて、巨人としては優勝まっしぐらという中で、日本シリーズを考えると、この桜井投手がどう課題を克服するのかというのは首脳陣も期待しているところだと思います。

 

 

以上です。

投げっぷりが良くていいボールもあるんですけどね。
おすすめの記事