2018年8月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で7番で先発出場し2回表に先制の2ランを放ち通算1000打点に到達した復活の中村剛也について元中日阪神の田尾安志、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【この日の中村の打撃内容】

1打席目 レフトホームラン (2打点)

2打席目 四球

3打席目 四球

4打席目 空振り三振

シーズン打率.210 (8/7の試合終了時点)

 

【中村のヒーローインタビューの一部】

中村 (ホームランについては)2アウトから外崎が塁に出てくれたんで、僕も何とか繋ごうという意識で打席に入りましたけど。(1000打点到達については)んー、今のところ、特別なことはないんですけど、これからもっとしっかりと打点を稼いでいきたいなと思います。

 

 

アナ 中村選手、1000打点おめでとうございます。

 

高木 うん。まあ、ライオンズ打線を見ていると、3つのクリンナップがあるんじゃないかというぐらい強烈なんですよねぇ。

 

アナ そうですよねぇ。

 

高木 その中でも、中村おかわり君。田尾さん、絶好調なんですよねぇ。

 

田尾 いいですね。

 

高木 後半だけでもホームランを量産しています。

 

田尾 そうですよね(笑) まあ、4番を彼に任せてもいいぐらいなんですけど。

 

高木 はい(笑)

 

田尾 この前、8番9番で中村、メヒアという並びがありましたね(笑)

 

高木 そうなんです。今日は中村の打順が1つ上がりました。7番に。(※この日は7番中村、8番メヒアでした)

 

田尾 上がりましたね(笑)

 

高木 まあ、凄い打線ですよね。里崎さん、バッテリーはちょっとこの打線を抑えるのが大変ですよねぇ。

 

里崎 もう打線に気を抜けるところがないですよね。

 

高木 そうですよね。

 

里崎 そういったところを相手バッテリーが1試合トータルで考えると、疲労度というのはかなりあると思いますね。

 

高木 でも、このおかわり君の復活というのは大きいですよね。

 

里崎 大きいですね。しかも、下位打線にいてホームラン、一発を打てるというのがね。

 

高木 うん。

 

里崎 本当に重量打線というのを感じさせますよね。

 

高木 打率こそ低いけども、やっぱり怖い打線ですわね。

 

アナ そうですね。

 

ちなみに4月の時点で不調を見抜いていたのはデーブだけでした

 

以上です。

中村剛也まで打ちだしたら打線の重量度が変わってきますね。更にここからメヒアもガンガン打ちだしたらチートレベルです。

おすすめの記事