2018年4月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でvsヤクルト戦での巨人のキャッチャーの大城卓三と小林誠司に横浜で監督をしていた大矢明彦、中日で監督をしていた谷繫元信が苦言を呈しています。元日ハムの岩本勉と共に語っています。

 



岩本 今日は巨人のキャッチャーについてエキスパートの大矢さんと谷繁さんにお伺いしたいんですけど谷繁さん、今日のジャイアンツのスタメンキャッチャーが大城。

 

谷繁 そうですね。

 

岩本 小林とキャッチャーのレギュラー争いをしているんですけど。

 

谷繁 まあ、今は競争ということで3試合に1回スタメンで出ていますけど大城の場合は、小林も今のところバッティングはいいんですけど、キャッチャーとしてまだまだやらなきゃいけないことが多いと今日は感じました。

 

岩本 はいはい。

 

【この日の大城のスローイングとかステップとか捕球の映像が流れる】

谷繁 まずスローイングですよね。今日は3つ盗塁されています。

 

岩本 まあ、キャッチャーの条件として肩の強さというのは1番初めに出てくる条件ですよね。

 

谷繁 そうですね。あとはステップですよね。ステップも全然できていない。これも捕ってからとにかく遅いんですよ。それで今のはワンバウンドを止める形を見てください。これ、膝が落ちないんです。(落ちる球を股抜きの形で後ろに逸らしている映像を見て)

 

岩本 あーなるほど。

 

谷繁 これだとピッチャーが安心して投げられないです。

 

岩本 後ろにボールが抜けてしまっているから余計に目立つんですけども。

 

谷繁 そうですね。

 

岩本 あそこは隙間を作りたくないぐらいのところですよね。大矢さんは大城を見ていてどうですか?

大矢 そうですね。まあ、ジャイアンツで使ってもらっているうちに今、谷繁さんが言ったことを勉強するべきですよね。少しスローイングにもボールを止めるにもまだ心許ないところがあるわけですから。どんどん自分で勉強するべきですね。僕も若い頃は谷繁さんを怒りましたよね。

 

岩本 ハハハ(笑)

 

谷繁 小林にしても今日途中から出場して広岡に対してフォーク2球で空振りを取っているんですよ。それで守備は前進守備ですよ。なのに何故2ナッシングからインハイを要求したのか、僕には意図が分からなかった。(6回裏の広岡に犠牲フライを打たれた場面)

 

岩本 リード面ですよね。まあ、前進守備で絶対に打たれてもゴロというところですよね。

 

谷繁 そうですね。だから、ピッチャーのことを信頼はしてもいいと思うんですよね。でも、信用はあまりしちゃダメだと僕は大矢さんによく言われていました。

 

岩本 えー。信頼と信用の違い。

 

谷繁 違うんですよ。

 

大矢 多分ね、小林に聞いたら「僕はもっと高めを要求した」と言うんだよね。

 

谷繁 絶対に言うんですよ。

 

大矢 言うんだよな。

 

岩本 あ、空振りを取りにいったと?

 

大矢 いや、ボール「1個分を外してまたフォークで勝負にいくつもりでした」って言うわけ。

 

岩本 それが結果として中途半端な高さになったと。ああなれば監督をしていてキャッチャーをつつきますか?

 

谷繁 僕だったらキャッチャーをつつきます。

 

岩本 大矢さんは?

 

大矢 僕が監督だったらつつくよりどつくね(笑)

 

一同 爆笑

 

岩本 お二人でしたら大城と小林に1つアドバイスを与えるなら、大矢さんならどんなことを?

 

大矢 それぞれ違うね。大城の場合は出ているうちに勉強しろって言いたいね。

 

岩本 勉強。

 

大矢 はい。小林に対して言うのは自分がやりたいことをピッチャーに教える。それで良いと思いますけどね。

 

 

以上です。

大城はまだキャッチャーとしての能力が未熟過ぎるようですね。小林はそろそろリード面でも1番やってはいけないことを避けるようにしないとダメですな。

おすすめの記事