2018年4月8日にフジテレビONE で放送された「プロ野球ニュース」で開幕8連勝をした西武ライオンズについて横浜で監督をしていた大矢明彦、中日で監督をしていた谷繫元信、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



岩本 なんと言っても西武打線の充実なんですが大矢さん、止まりませんね。

 

大矢 そうですね。最初は相手ピッチャーの山岡に手も足も出ませんという感じでしたけど二回り目、三回り目になると自分たちが何を打っていくのかを決めてしっかりとそれを捉えていきますね。

 

岩本 僕は開幕カードから見ていたんですけど、打線が途切れないぐらいの繋がりの良さがすごく強調されている。

 

大矢 そうですね。それも一発ホームランではなく繋がっていきますね。特に若い人たちが頑張っています。

 

岩本 はい。谷繁さん、この打線を見てどんな感想を持たれていますか?

 

谷繁 打線はもともといいのは分かっていましたから、このいいのがどれぐらい続くのかと思っていたんですけど、そう言ってる間に8連勝ですからね。

 

岩本 そうですよね。

 

谷繁 これはかなり大きいですよね。

 

岩本 数字を見ても3割超えのバッターがゴロゴロいますね。

 

【下記のようにスタメンの打率が表示される(4/8の試合終了時点)】

1番 秋山 .344

2番 源田 .314

3番 浅村 .273

4番 山川 .379

5番 森 .333

6番 中邨 .192

7番 外崎 .345

8番 炭谷 .385

9番 金子 .091

 

 

岩本 やっぱり、山川の成長も大きいですね。

 

谷繁 そうですね。オープン戦ではなかなか調子が上がってこなかったんですけど開幕してしっかりと打ちますよね。

 

岩本 そうですよね。また、森友哉あたりも打線の中で欠いてはいけない存在に成長しているんですけども。ピッチャーによってマスクをかぶったりとかDHで起用されるなど打撃面を中心にラインナップを組まれている選手だと思うんですけど大矢さん、この森友哉の起用法については?

 

 

【下記のようにバッテリーが組まれている】

先発 菊池・ウルフ→スタメンキャッチャー炭谷(DH・森)

先発 多和田・十亀・カスティーヨ→森

 

大矢 今はこれでいいと思いますね。上手くいっていますので炭谷も上手に使ってくれていますし、それで森も上手く混ぜている。

 

岩本 はい。谷繁さん、ピッチャーによってキャッチャーを選択し直すというベンチの采配ですけども、そのあたりはどう思われますか?

 

谷繁 僕もそういう時期はあったんですけど、そこを経てドンドン成長していくと思うんですよ。だったら森が一人前のキャッチャーになったかと言えば、まだキャッチャーとしての一人前のところまではいってないと思うんですよね。

 

岩本 はい。

 

谷繁 だから、炭谷のキャッチャーを見ながら成長していくところだと思いますね。

 

岩本 今はバットの調子がいいですけど。

 

谷繁 もともとバッティングはいいですから。

 

岩本 どうでしょう。正捕手になりたいという気持ちは持つべきですかね?

 

谷繁 持つべきだと思います。

 

アナ 勢いが止まらないライオンズなんですけど、ライオンズが開幕8連勝したのは3度目ということで、そのうち2度がリーグ制覇しているということで。

 

岩本 まあ、開幕してまだ3カード終わったばっかりですけどもスタンドではもうお祭り騒ぎ。

 

アナ そうですよ。40周年ということで。違いますね。

 

岩本 もうファンの方々も優勝の準備をしているんじゃないかというぐらいの勢いなんですよね。

 

 

以上です。

開幕8連勝ですからね。このスタートダッシュはかなり大きいですね。優勝ありそうな気がします。

おすすめの記事